【徹底解説】バーレイの歴史から陶器製造・食器販売まで

- 2023/4/26 8:00
  • 0コメント
バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by: kent_buyer (2022年10月撮影)


「銅版転写」という伝統的で高度な技術を要する手描きの装飾工程をおこなっている、最後の窯元『バーレイBurleigh』。
その絵柄の素晴らしさと、170年変わらず熟練の職人の手で一つ一つ丁寧に作られている陶器は、再注目され、現在、世界中で人気を博しています。

ここでは、バーレイ歴史と、バーレイの製造工程、そして2022年10月にケントバイヤーがイギリスのバーレイ工場『ミドルポートポタリー』を訪れた際の記録をご紹介します。

バーレイの歴史~①誕生地 ストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)

ストーク・オン・トレント
ストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)

バーレイ(Burleigh)は、ロンドンから北西へ約250kmのところに位置するイギリスの中部のストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)にあります。

ストーク・オン・トレントは、陶器に適した豊かな土と気候に恵まれていることから、イギリスの陶器産業の里=ポッタリーズ (The Potteries) という通称で呼ばれています。
バーレイの他にも、ウェッジウッド(Wedgwood)をはじめ、スポード(spode)、ロイヤルドルトン(Royal Doulton) 、ミントン(Minton)、エマブリッジウォーター(Emma Bridgewater)など世界的に有名な陶磁器メーカーがこの場所で誕生しました。

ストーク・オン・トレントは、20世紀初めに、ハンリー、タンストール、フェントン、ロングトン、ストークアポントレン、バーズレムの6つの町と村が統合してできた市です。
バーレイは、その中の”バーズレム(Burslem)”で誕生しました。

バーレイの歴史~②前身 ハルム・アンド・ブース(Hulme and Booth)

ハルム・アンド・ブースHulme and Booth
Hulme and Booth
photo by:eBay


バーレイ(Burleigh)の前身は、1851年、ストーク・オン・トレントのバーズレムに創業した「ハルム・アンド・ブース(Hulme and Booth)」という陶磁器メーカーです。
ハルム・アンド・ブース(Hulme and Booth)の創業者、トーマス・ハルム氏とブース氏の生涯についてはほとんど知られていませんが、10年以上にわたって成功を収めました。

ハルム・アンド・ブースの誕生から11年後の1862年、フレデリック・ラスボン・バージェス(Frederick Rathbone Burgess)とウィリアム・リー(William Leigh)がパートナーシップを結び、ハルム・アンド・ブースを引き継ぎます。
そして会社名を「バージェス&リー(Burgess & Leigh)」と変更しました。
バーレイの誕生です!
1930年代から使われている商標「Burleigh」は、2人の名前を組み合わせたものです。

バーレイの歴史~③創業者 バージェス&リー(Burgess & Leigh)

バーレイ創業者Frederick Rathbone Burgessフレデリック・ラスボン・バージェス
Frederick Rathbone Burgess
photo by:Burleigh


フレデリック・ラスボン・バージェス(Frederick Rathbone Burgess)は、ストーク・オン・トレントにあるタンストールで生まれました。
母親は、陶芸家として活動しており、バージェスは優れた商才を持った人物だったそうです。


バーレイ創業者William Leighウィリアム・リー
William Leigh
photo by:Burleigh


ウィリアム・リー(William Leigh)は、両親がおらず、幼少期から窯業で働いていました。
偏りがない公正で、かつ親切な心の持ち主だったそうです。
そのような性格から、また、自身の幼少期の経験から、ウィリアム・リーは、労働者の福利厚生を考慮しながら工場を運営することの重要性をあげ、労働者に寄り添う人物でした。

バーレイの歴史~④ダベンポート・ポッタリーを買収

Davenport Potteryダベンポートポタリー
Davenport Pottery,1795
photo by:Auckland Museum


1887年、スタフォードシャー州ロングポートに本拠を置く陶磁器メーカー「ダベンポート・ポッタリー(Davenport)」を買収します。
ダベンポート・ポッタリーは、ダベンポート家が1794年に創業した陶磁器メーカーで、テーブルウェアを中心に製造していました。

バーレイの歴史~⑤工場設立 ミドルポートポタリー(MIDDLEPORT POTTERY)

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


1889年、それまでのバーズレムにあったヒル製陶所から、ミドルポート(Middleport)にあるトレント&マージー運河(Trent and Mersey Canal)のほとりに工場『ミドルポートポタリー MIDDLEPORT POTTERY』を設立しました。
ミドルポートポタリーは、現在に至るまでバーレイの拠点となっています。
また、イギリス重要建造物「グレードII」に指定されています。

ミドルポートポタリーの設立と同年、創業者であるウィリアム・リーが亡くなります。
1895年には、もう一人の創業者バージェスが亡くなります。
その後、それぞれの息子であるエドモンド・リーとリチャード・バージェスが、Burgess & Leighを引き継ぎました。
1912年、リチャード・バージェスが亡くなった後は、事業はすべてリー家の所有となりました。


バーレイの歴史~⑥黄金期

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


1903年、「バーレイ」パターンが誕生し、英国のラグジュアリーとデザインを象徴する新しいブランドとして世界に知られるようになりました。

戦間期には、シャーロット・ルヘッド(Charlotte Rhead)をはじめ、ハロルド・ベネット、チャールズ・ウィルクス、アーネスト・ベイリーなど、才能あふれるデザイナーやアーティストが活躍し、黄金期といわれるようになりました。

1939年には、ミドルポートポタリーでは500人以上の従業員が働いていました。

バーレイの歴史~⑦経営難の時代

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


1987年には、アメリカ市場を中心とした輸出ネットワークを構築するものの、1889年から稼働してきたミドルポートポタリーの老朽化は進んでいきます。

2010年には、デンビーポタリー(Denby Pottery)の親会社である”Denby Holdings Ltd”に買収されました。
そして、改修費用が高額なため閉鎖の危機に瀕していることを発表しました。


バーレイの歴史~⑧チャールズ国王による再建

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
チャールズ国王「MIDDLEPORT POTTERY」訪問
photo by:stokesentinel.co.uk


倒産寸前まで追い込まれていたバーレイですが、2011年、チャールズ3世(当時:The Prince of Wales)の慈善団体「The Prince’s Regeneration Trust」が、生産継続のために必要な900万ポンドの支援を提供します。
そして、ミドルポートポタリーは、3年の歳月をかけて再建されました。

この修復により、バーレイはミドルポートポタリーと地元の雇用、そして職人技を守ることができたのです。

バーレイの製造工程

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:Burleigh


バーレイは、170年前と同じように現在も伝統的な技術や技法、最高品質の原材料、専任の職人により手作りで陶磁器を作っています。
ひとつの製品ができあがるまでに、何人もの職人の手によって大切に作られていく工程をご紹介します。


バーレイの製造工程~①粘土の準備

英国バーレイ工場の様子
粘土の準備
photo by:Burleigh


ミドルポートポタリー(Middleport Pottery)の中心に位置するスリップハウス(Sliphouse)で、バーレイの陶磁器の原料となる粘土を準備しています。
バーレイは、ボールクレイ(Ball clay)とチャイナクレイ(china clay)の2種類の原料を、1889年に作られたオリジナルの機械を使いブレンドし、粘土を作ります。


ボールクレイ(Ball clay)

Ball clay
Ball clay
photo by:sibelco


ボールクレイ(Ball clay)はデヴォン州から調達しています。
ボールクレイ(Ball clay)は、カオリナイト20~80%、雲母10~25%、石英6~65%に、少量の有機物(亜炭など)、微量の黄鉄鉱やシデライトなどの鉱物を加えたカオリナイト系の堆積粘土です。
イギリスにおけるボールクレイの使用は、ローマ時代にまで遡ります。
時を経て、1771年、ウェッジウッドの創業者 ジョサイア・ウェッジウッド(Josiah Wedgwood)は、パーベックのトーマス・ハイドと年間1,400トンのボールクレイの契約を結び、より薄肉の陶磁器の生産を可能にしました。


チャイナクレイ(china clay)

china clayカオリナイト
china clay
photo by:鉱物図鑑


チャイナクレイ(china clay)はコーンウォール州から調達しています。
チャイナクレイ(china clay)=カオリンとも呼ばれます。
耐火粘土で,焼成色が白色あるいは白に近いものになります。
カオリンは中国で高品質の磁器として使用されていました。
1746年に英国コーンウォール(Cornwall)で発見され、ウェッジウッド(Wedgwood)、スポード(Spode)、ミントン(Minton)が土地を借りて、チャイナクレイを抽出することに成功しました。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
粘土の準備
photo by:Burleigh


ボールクレイとチャイナクレイを使い、スリップと呼ばれる粘土と樹脂粘土の両方を製造します。
スリップは石膏型に流し込んでティーポットやカウクリーマー(牛の形をしたミルクピッチャー)などの細かい形を作り、樹脂粘土はボウルやプレートなどの平皿を作るのに使われます。


パグミル粘土こね機
パグミル(粘土こね機)
photo by:Burleigh


粘土を、「パグミル」という機械を使って精製します。
これにより粘土の粘度が均一になり、「パグ」と呼ばれる長いロール状の粘土ができます。
余分な粘土は再加工して再利用し、無駄がないようにしています。


バーレイ工場の粘土
パグ
photo by:Burleigh


準備した粘土は、ポンプを通してキャスターに運ばれ、型へ入れていきます。(充填 じゅうてん)


バーレイの製造工程~②石膏型の準備

バーレイ工場の石膏型
china clay
photo by:Burleigh


陶器を製造するための石膏型(モールド)は、石膏からすべてバーレイの工場内で作られます。

バーレイ工場の石膏型
石膏型の作成
photo by:Burleigh


原料の粉末と水を混ぜ合わせます。

バーレイ工場の石膏型
石膏型の作成
photo by:Burleigh


出来上がった(モールド)は、暖房の効いた部屋で3日間ほど乾燥させます。
石膏型(モールド)は、30~80回使用すると徐々に磨耗するため、定期的に新しい型を作り変えています。
バーレイでは、創業当時から現在に至るまで、19,000点以上のオリジナルデザインの石膏型(モールド)を保存しています。


バーレイの製造工程~③石膏型に流し込む

バーレイ工場の石膏型
石膏型に粘土を流し込む
photo by:Burleigh


さまざまな石膏型(モールド)にスリップや液体粘土を注ぎます。
余分な粘土は、再利用するためにスリップハウス(Sliphouse)に戻されます。

バーレイ工場の石膏型
フェットリングとスポンジング
photo by:Burleigh


石膏型(モールド)は、約1時間乾燥させた後、必要に応じてエッジを削り滑らかにしていきます。
その後、強度を高めるため、さらに一晩乾燥させ、固めます。

石膏型(モールド)から取り外した粘土は、フェトリングナイフを使って継ぎ目や粗い角を取り除く「フェットリング」、スポンジを当てて、不完全な部分を滑らかにしていく「スポンジング」を行います。


バーレイの製造工程~④焼成1回目

バーレイ工場の石膏型
焼成
photo by:Burleigh


フェットリングとスポンジングを終えた粘土は、乾燥室で乾燥させ、窯の中に運びます。
1180度の温度で焼き、粘土から水分を取り除きます。
焼成してしまったので、粘土の状態の時のように再利用はできません。
それぞれの作品は、厳しい品質チェックを受けます。
不備がなければ、銅板転写印刷により装飾を施していきます。


バーレイの製造工程~⑤銅板に彫刻を施す


彫刻が施されたシリンダー
photo by:Burleigh


バーレイの柄は、銅板転写により柄付けを行うため、まずニードルを使って銅製のシリンダーに柄を丁寧に刻んでいきます。
現在、銅板に手彫りを施す職人はわずか2人しかおらず、1つの柄の銅板を完成させるのに、6週間以上かかるそうです。


バーレイの製造工程~⑥ティッシュを作る


印刷をする
photo by:Burleigh


彫刻されたシリンダーを印刷機の上に置きます。
内部のヒーターでローラーを低温に温め、油性のインクをゆっくりと流し込んでいきます。
シリンダーの下に、ティッシュペーパー(半紙)を敷き、シリンダーを回転させます。
連続した模様が描かれていきます。


バーレイの製造工程~⑦ティッシュを吊るす


印刷をする
photo by:Burleigh


印刷されたティッシュが乾く前に、ある程度の長さに切り分け、吊るしていきます。

バーレイの製造工程~⑧転写する


転写する
photo by:Burleigh


器に合わせてティッシュを切り抜き、陶器に貼っていきます。 ブラシと柔らかい石鹸でこすりながら、柄を陶器に押し付け転写させます。


バーレイの製造工程~⑨焼成2回目&3回目


焼成
photo by:Burleigh


2回目の焼成を行い、絵柄を焼き物に定着させます。
模様の色に合わせて温度を変えて焼成します。

柄が剥がれるのを防ぐため、ガラス質の釉薬(うわぐすり)を塗って3度目の焼成を行います。
焼成後、製品を洗浄し、品質に問題がないことを確認します。


この伝統的で高度な技術を要する手描きの装飾工程は、かつて陶器業界で広く使われていましたが、現在でも続けているのは、バーレイただ一社だけです。
これから先も決して絶えることがないよう、この高度な技術を使う最後の窯元として、後世に残してほしいと願うばかりです。


【大解剖】バーレイの工場 ミドルポートポタリー

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh MIDDLEPORT POTTERY
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


ストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)にある、バーレイの工場「MIDDLEPORT POTTERY ミドルポートポタリー」では、工場見学をすることができるので、バーレイの伝統に直接触れることができます。
また、ファクトリーショップ(アウトレット)や、カフェも併設されているので、学んで、お茶して、お買い物して・・・
楽しい時間を過ごすことができますよ♪

ここでは、ミドルポートポタリーの様子を、2022年に弊社のバイヤーがミドルポートポタリーを訪れた時の記録と共にたっぷりとご紹介します。


ミドルポートポタリー①正面入口

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑バーレイ ミドルポートポタリーの正面の壁面には、バーレイの代表柄”ブルーキャリコ” のターポリンが飾られます。
右手奥には、駐車場になっています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑バーレイ ミドルポートポタリーの中へ入りましょう!
日本人と韓国人が多いのでしょうか。


ミドルポートポタリー②ファクトリーショップ (アウトレット)1階

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑入口すぐのところには「The Burleigh Factory Shop ファクトリーショップ」があります。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑レジ&カウンターです。
バーレイの「Burgess & Leigh バージェス&リー」のロゴデザインがとても素敵です。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑カップボードの引き出しの板には、銅板転写により作られたティッシュペーパー(半紙)が貼られています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ぐるっと回って、思わず歓喜!!
バーレイファンにとってはたまらない空間です。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑アンティークのトランクを使用したディスプレイ。
勉強になります!


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑陶器を製造するための石膏型(モールド)のご紹介。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ブラシでこすりながら、柄を陶器に転写させるバーレイの伝統技術のご紹介。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑高麗キジと牡丹が描かれた絵柄「Asiatic Pheasants (アジアティックフェザンツ)」
大きめサイズのボールやソースやカレーなどを入れる舟形の器”グレイビーボード”など、珍しいアイテムもあります。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑「鳥の王を選ぶ東洋のおとぎ話」にでてくる孔雀をコバルトブルーで描かれた絵柄「Blue Regal Peacock(ブルーリーガルピーコック)」
ブルーリーガルピーコックは、1913年に英国国王ジョージとメアリー王妃の為に、特別にお披露目された柄です。
グリーンとの相性がとてもいいですね。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑バーレイの代表作でもある「Blue Calico(ブルーキャリコ)」がずらりと並んでいます。
氷のうえに落ちたプルナス(桜の一種)をイメージして描かれ絵柄は、エドワード・ビクトリアン調が流行した1967年に発表されました。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑上段には、紅茶をはじめ、食品、テーブルウェアなどの高品質な商品を販売するイギリスの百貨店「フォートナム・アンド・メイソン(Fortnum & Mason)」のバターボックスやボウル、マグカップが並んでいます。
下段には、ロンドン最古の薬局「D.R.ハリス(ディー・アール・ハリス))」の石鹸ケースやボウルなどがあります。
2社ともに、ロイヤル・ワラント(王室御用達)のステータスを取得しています。
そのような名高いメーカーの器も製造しているなんてすごい!!
改めてバーレイの素晴らしさを実感しました!



バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑鳥と亀のフィギュアや亀の甲羅をイメージしたお皿など、とても面白いアイテムもあります。

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ストックの棚には、バーレイの布地で目隠ししています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑18世紀にヨーロッパで流行したシノワズリ(東洋美術様式)の代表的デザイン「ウィロー・パターン」もあります。

世界中にコレクターがいるウィローパターン。
ウィローパターンは、中国の古い恋物語が描かれているといわれていますが、実際のところは、起源がいつ、誰によって始まったのか? お皿が先か?物語が先にあったのか? すべてが謎に包まれています。
ただ、今なお作られていることから、ミステリアスさも含めて、多くの人々の心をつかんでいる絵柄です。

ウィローパターンについての歴史と秘められた悲しい恋の物語のブログ記事はこちらをご覧ください。↓↓

 

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑平和の象徴の鳩のように優しくて上品な雰囲気の絵柄「Dove Grey Calico(ダブグレイキャリコ)」のティポット。
ダブグレイとは、鳩の羽の色を表します。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑カントリー調のインテリアでコーディネートされた空間です。テーブルの上には・・・


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ウッドスプーン、グミやキャンディーなどが置いてありました。


ミドルポートポタリー③ファクトリーショップ 2階

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ファクトリーショップの2階に上がってみましょう。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑2階は新作の商品が並んでいます。


ミドルポートポタリー④工場見学 受付

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑1階に降りて、いよいよ工場見学のスタートです。
事前にウェブで予約し、チケットをここで掲示して受付をします。
ティーポットの照明がとてもかわいいです♡
予約はこちらをクリック♪



ミドルポートポタリー⑤「The Victorian Offices ヴィクトリア朝のオフィス」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑「The Victorian Offices」
こちらは、オフィスとして使用していた場所です。
ステンドグラスも当時のままです。


ミドルポートポタリー⑥「The Showroom ショールーム」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑「The Showroom」
こちらは、ショールームです。
バーレイの歴史を学ぶことができます。



バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑バーレイの倒産危機を救ったチャールズ国王の写真も飾られています。



バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑「銅版転写」による装飾工程の詳しい資料が展示されています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑美しく彫刻された銅製のシリンダーとティッシュペーパー(半紙)。
ティッシュペーパー(半紙)は、ザラザラした触感です。


ミドルポートポタリー⑦「The Bath House バスハウス」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑こちらは、バーレイで働く従業員が使用していた洗面台です。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑こちらも、従業員が使用していたバスタブです。
当時、労働者階級の人たちは、簡素なブリキの桶で体を洗っていたそうです。
陶器でできたバスタブは陶磁器メーカーならではですね。
そして、この「The Bath House ザ・バスハウス」は、従業員のことを何よりも第一に考えていた、創業者 ウィリアム・リー(William Leigh)の精神が受け継がれているように思います。


ミドルポートポタリー⑧「The Bottle Oven ボトルオーブン」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ボトルオーブンと呼ばれる窯は、昔は複数ありましたが、現存するのは1つのみです。
粘土で形成された器を、窯に入れます。
窯が満杯になると、出入り口をレンガで固めて、焼成をします。
温度を間違えれば、陶磁器はすべてダメになってしまうので、温度調整はとても難しい仕事だったそうです。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ボトルオーブンの内部


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ボトルオーブンの中から見上げてみました。


ミドルポートポタリー⑨「The Mould Store モールドストア」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑陶器を製造するための石膏型(モールド)は、石膏からすべてバーレイの工場内で作られています。
ここには、ヨーロッパ最大級の19,000個の石膏型(モールド)を保管しています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑さまざまな形の石膏型(モールド)があり、この型で、どのような形の陶磁器が出来るのか、想像するだけで楽しいですね♪


ミドルポートポタリー⑩「TEA TOOM ティールーム」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ちょっと、ブレイクタイム♡
ティールームへいきましょう。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑壁面には、シノワズリ デザインが施されています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑みなさん、お茶を楽しんでいますね。
背後の壁面は、ピーコックでしょうか。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑ケントストアでも人気のチャーチチェアを使用していますね。
チャーチチェアは教会で使用された椅子です。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑こちらはメニューです。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑紅茶はトワイニングでした。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑割れた箇所も修復して使用します。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑スープとサンドイッチです。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑イギリスでは必ずティータイムに登場するシュガーボールです。


ミドルポートポタリー⑪「GARDEN 庭」

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑外にでました。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑中世にタイムスリップにした気分です。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑目の前にはトレント・アンド・マージー運河が流れています。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


↑こちらはボート乗り場です。 ボートに乗って、外側からミドルポートポタリーを眺めるものいいと思います。


バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by:kent_buyer (2022年10月撮影)


ケントバイヤーがバーレイの工場「ミドルポートポタリー」を訪れた時は、コロナの影響もあり、一部の展示室が閉鎖されるなど、残念ながらすべて見学することはできませんでした。
しかし、見どころがたくさんあり、とても充実した時間を過ごすことができました。

イギリスに行かれる際は、ぜひストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)のミドルポートポタリーへ足を運んでみませんか。


銅板転写により施される、バーレイの美しい絵柄については、こちらのブログ記事をご覧ください。

 


ケントストアが取り扱うバーレイアイテム

ケントストアのバーレイチェア
ベントウッドチェアwith Burleigh
photo by: kentstore


ケントストアでは、バーレイ社のさまざまなテーブルウェア、キッチンウェアを取り扱っております。
また、バーレイのブルーキャリコの生地を使って作りました、世界に一つだけのベントウッドチェアもご用意しております。




ケントストア取り扱いバーレイ
バーレイ ブルーキャリコ
photo by: kentstore


バーレイの代表作「ブルーキャリコ」シリーズは、常設で展示販売しております。
バーレイの商品を常時販売しているのは、首都圏では、ケントストア東京目黒店のみです。
また静岡県では、ケントストア静岡本店のみです。
ぜひお手に取ってご覧ください。

ケントストア取り扱いバーレイ
バーレイ テーブルウェア
photo by: kentstore

ブルーキャリコ以外のシリーズも、お買い求めいただけます。

ケントストア取り扱いバーレイ
ケントストア取り扱いのバーレイ製品
photo by: kentstore


エプロンやティーコージー、エコバッグ、ペーパーナプキンなどなど・・・
たくさんのバーレイ雑貨もご用意しております。
ぜひこの機会に、イギリスの伝統を生活の一部に取り入れてみてはいかがですか。



 

ケントバイヤーの記録 イギリスの新しい発見をもとめて

ケントストアのバイヤーはアンティーク家具・雑貨をもとめて、イギリス全土を駆け巡ります。
買付の途中には、まだ知られていない場所だったり、レストランだったり、お店だったり・・
そんな発見がたくさんあります。
今後もおもしろい内容のブログをアップしていきますね。

アフタヌーンティーの聖地 ウォバーン アビー
Woburn Abbey
photo by: photo by: kent_buyer (2019年撮影)


♠「」を最初に始めたといわれるアンナ・マリア・ラッセル。
アンナ・マリア・ラッセルの邸宅『ウォバーンアビー (Woburn Abbey)』は、現在一般公開されおり、さらにアフタヌーンティーも楽しめるため、『アフタヌーンティー発祥の地』として、世界中から多く人が訪れる人気の場所です。
『ウォバーンアビー (Woburn Abbey)』についてはこちらをご覧ください

【アフタヌーンティーの聖地】ウォバーンアビー (Woburn Abbey)↓↓

 

フォートナム&メイソンのロンドンピカデリー本店
Fortnum & Mason
photo by: photo by: kent_buyer (2022年撮影)


♠多くの紅茶好きを魅了してやまないフォートナム・アンド・メイソン(Fortnum & Mason)。
2022年7月にケントストアのバイヤーが、アンティーク家具・雑貨の買付に渡英した際に訪れたフォートナム&メイソン ピカデリ―本店の様子を、記録と共にご紹介。
紅茶だけじゃない!フォートナム&メイソンの魅力が盛り沢山です。

【徹底解説】人気のフォートナム&メイソン 本店の楽しみ方↓↓ 

 

商品に関すること等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)