ケントストアの美味しいプロジェクト

- 2021/1/26 18:51

アンティーク家具と共に住空間をご紹介するケントストアが、新たに食と衣を加え、豊かな暮らしのご提案を衣食住のトータルでお届けします。

暮らしの空間は家具や絵画、置物などのインテリアだけではなく、そこでの過ごし方が大切だと思っています。家とは快適性を求め、豊かな時間を過ごし、教養を身につけ、人生における人間形成を育む大切な場所だと考えます。居心地の良いインテリアに、お気に入りの衣類で身を装うことで生活の潤いを楽しみ、食における五感で、作る、食べる、会話をし心を満たす時間を過ごす。そんなご提案がケントストアからできればと思っています。暮らしに遊び心を持って、楽しく、豊かに、快適に過ごす、ケントストアの新しいプロジェクトがスタートします。

その名も「KENT DELI」。食を通じてインテリアを楽しむご提案

素敵なインテリアで豊かな時を過ごすための食事は大切な時間です。その食の時間をもっと美しく、楽しく、感性と知性を刺激する時間を過ごしていただきたいと思っています。ケントストアではアンティークを通じてご紹介してきた、そのスタイリングとしての美的感性と歴史を探求する知性の楽しみを、食においても追及してご紹介していきたいと思っております。

食事の時間をもっと美しく、楽しく、豊かにすることを目指して「ケントデリ」をスタートします

まずはイギリスらしくスコーンから

イギリスの食べ物でお菓子の代名詞といえばスコーン。

1500年頃よりスコットランドで発祥したというスコーン。現在でも多くのファンが居てアフタヌーンティーにも欠かせないアイテムの一つです。東京目黒にあるケントストアの4階にはキッチンスタジオがあり、多くの方にお料理教室やお菓子教室、パーティメニューの開発などでご利用頂いています。今回はそのキッチンスタジオでスコーンから作ってみます。

とにかく、おいしいスコーンの追求

今回は、マリアージュフレールでシェフを務めた経歴を持つ半田義和シェフが、今までのスコーンの概念にとらわれない新しいスコーン作りに挑戦します。表面がかりっと中はしっとりした独自の食感と優しい味が新しいスコーンの世界を広げます。

しっとり優しいスコーン

スコーンはジャムやクロテッドクリームをつけて頂くのが一般的ですが、今回、半田シェフがチャレンジするのは、ジャムやクロテッドクリームがなくても美味しく、パサつきがなく、いくつでも食べられるスコーン。しっとりとた優しい食感のスコーンに飽きのこない味で、どなたでも受け入れていただけるスコーンを目指します。

今後も改良を重ねてスコーン研究をしてケントストアらしいスコーンを作っていきます。
+1

“ケントストアの美味しいプロジェクト” への1件のコメント

  1. アバター 鈴木 より:

    美味しそうです!

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

Comment

皆様からのコメント

アバター
NatashuSr8q
2021/3/03
Revolutional update of captcha solution software "XEvil 5.0": Captcha solution of Google (ReCap...
アバター
鈴木
2021/1/29
美味しそうです!