【英国菓子レシピ】ピーカンナッツ&チョコチップスコーンの作り方-ケントデリ監修

- 2023/2/20 9:00
  • 0コメント

アフタヌーンティーの代名詞 スコーン

ケントデリのアフタヌーンティー
ケントデリのアフタヌーンティー
photo by:kent_deli


2021年頃から、アフタヌーンティーを楽しむ活動「ヌン活」が女性を中心にブームになっています。
旅行に行けない、遠くへ行けない等の状況が続いたコロナ禍において、身近な場所でオシャレをして少しリッチな気分を楽しむことができる、自分へのご褒美として、アフタヌーンティーの人気は広がりました。

アフタヌーンティーのブームが拡大するとともに、スコーンの人気も沸騰し、例えばスコーンの専門店が続々とオープンしたり、スコーンレシピを紹介する料理本が本屋の平台に並ぶなど、スコーンへの関心も広がっています。

スコーンの起源バノック
bannock バノック
photo by:Orkney Bere Bannocks photo © Copyright Victoria Dixon

そもそもスコーンとは、スコットランド発祥の「バノック(bannock)」と呼ばれるパンが起源と言われています。

今では、スコーンは、パン屋の数だけ種類があるといわれるほど、スコーンの形、大きさ、食感、味、焼き目など、様々なスコーンが存在します。

イギリスの食文化とライフスタイルをご紹介するケントデリでは、英国の伝統的なスコーンを基に、日本人の好みに合わせた「外はカリサク、中はふわっふわ」の究極ともいえるスコーンを開発しました。
ブレックファーストからティータイム、ハイティーまで、1日に何度でも何個でも食べたくなる、シンプルで飽きのこない美味しさになっています。

今回は、ケントデリが開発した究極のスコーンをアレンジした「ピーカンナッツ&チョコチップスコーン」のレシピをご紹介します。


ピーカンナッツとは

ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
ピーカンナッツ
photo by:kent_deli


ピーカン(Pecan)とは、クルミ科の植物の種実です。
発音の違いで”ペカン”とも言います。
ピーカンナッツは全体の約72%を脂質で占めており、クルミやピーナッツなど他のナッツより脂質の含有量が多いナッツです。
そのため、通称「バターの木」とも言われています。
ピーカンナッツは、昔から主要な栄養源でしたが、オレイン酸も豊富に含まれているため、近年、その強い抗酸化作用が、がんや生活習慣病などを予防する効果が期待できる、と評判になっています。


相性ぴったり!ピーカンナッツとチョコレート

ケントデリのカカオ豆
カカオ豆
photo by:kent_deli


ピーカンナッは、チョコレートとの相性がとても良く、口に入れた時、ピーカンナッツの香ばしさとチョコレートのほろ苦さと甘さとが合わさり、芳醇な味わいを楽しむことができます。
また、健康や美容効果も期待できます。
チョコレートに含まれる糖質や脂質は、食物繊維、ミネラル、ビタミンを含むピーカンナッツと共に摂取することで、糖質や脂質の吸収を抑えることができます。
腸活・ダイエットにもおすすめの組み合わせです。


ピーカンナッツ&チョコチップ スコーンのレシピ(作り方)

ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ

photo by: kent_deli


ピーカンナッツとチョコレート。
この相性抜群の食材を、ケントデリが開発した基本のスコーンに混ぜました。
スコーンをほおばって噛んだ時に、ピーカンナッツとチョコレートが出会い、そこへスコーンの生地が間を取り持ってくれるという感じでしょうか。
クッキー生地ほど甘くないので、朝食にも合います。
また、スコーンのサイズも小さく作りました。
ちょっとした手土産にもいいですよ。

基本のスコーンの作り方はこちらをご覧ください。↓↓

ピーカンナッツ&チョコチップスコーンの材料

ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
基本のスコーンの材料
photo by: kent_deli


【基本のスコーンの材料】

薄力粉            250g
ベーキングパウダー      12g
グラニュー糖         50g
無塩バター          80g
無糖ヨーグルト        60g
全卵             1個
牛乳             30cc
上がけ用の卵白        1個

ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
追加材料
photo by: kent_deli



【追加の材料】

ピーカンナッツ (混ぜ込み用)         40g
ピーカンナッツ(トッピング用)      20個
チョコチップ             80g



ピーカンナッツ&チョコチップ スコーンの作り方

ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程①
photo by: kent_deli


①薄力粉・ベーキングパウダー・グラニュー糖は合わせてふるっておきます。
スコーン以外のお菓子作りでも粉ふるいは重要な作業です。
ダマをなくすこと、空気をふくませること、粉類を均一に混ぜ合わせることなど、ちゃんと理由があります。
粉ふるいを洗うのは面倒だわ、と思って手を抜いてしまうと、膨らみが足りなかったりするので頑張ってふるいましょう!!



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程②
photo by: kent_deli


②5ミリ角に切ったバターを加えて粉をバターでコーティングさせるように、両手の親指と人差し指で擦るように混ぜていきます。
これをパルメザンチーズのような状態になるまで続けます。
この混ぜる方法を『サブラージュ』といいます。
サブラージュ=sablageはフランス語で、「砂のようにさらさらにする」という意味です。
砂のような状態に混ぜ合わせる工程からこのように呼ばれているそうです。
バターが指の温度で柔らかくなりすぎないように、手早く混ぜます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程③
photo by: kent_deli


③よく溶いた全卵・ヨーグルト・牛乳をあわせておきます。
少量ずつ入れて箸のような棒状のものを使って混ぜていきます。
へらを使わずに箸を使うことでこね過ぎることがなく、グルテンを出さないようにすることが非常に大切で、これがサクサク感につながります。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程④
photo by: kent_deli


④ここに砕いたピーカンナッツとチョコチップをいれていき、ピーカンナッツとチョコチップが全体にいきわたるように混ぜます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑤
photo by: kent_deli


⑤まとまってきたら、生地を2センチ厚で平たく伸ばします。
2等分にカットし重ねて層にしたら、再び生地を2センチ厚で平たく伸ばします。
これを3回繰り返しミルフィーユのような層にします。
ラップでくるんで冷蔵庫で15分休ませます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑥
photo by: kent_deli


⑥冷蔵庫から生地を出したら4等分にカットし重ねてさらに層をつくります。
上から軽く綿棒などで伸ばして仕上げに2センチ厚さに伸ばします。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑦
photo by: kent_deli


⑦生地を3~4センチ角にカットして、シートに並べていきます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑧
photo by: kent_deli


⑧仕上げ用のピーカンナッツをのせていきます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑨
photo by: kent_deli


⑨卵白または牛乳でスコーンの表面を刷毛で塗ります。
こうすることで焼き上がりに艶がでて美しいスコーンが出来ます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑩
photo by: kent_deli


⑩180度に温めたオーブンで15~17分焼きます。



ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
工程⑪
photo by: kent_deli


⑪焼きあがったら網の上に移して冷まします。
これで完成です♪


ピーカンナッツとチョコレートのスコーンのレシピ
お土産としても♬
photo by: kent_deli


お土産用にかわいくラッピングしてみました。
ちょっとしたプレゼントに最適ですよ。


何度か作っていくうちに手順もわかり、お菓子作りに重要な「素早く作る!」ことができるので、より美味しいスコーンができると思います。
ぜひ、作ってみてくださいね♪


Famous Amos(フェイマスエイモス)のピーカンナッツとチョコレートのクッキー

Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


余談になりますが、ピーカンナッツとチョコレートといえば、Famous Amos(フェイマスエイモス)のピーカンナッツとチョコレートのクッキーを思い出す方がいたら、大変嬉しいです♡
昔、銀座のソニープラザの地下で、Famous Amos(フェイマス・エイモス)のクッキーが量り売りされていました。
フェイマスエイモスのクッキーを初めて食べた時は、あまりの美味しさに感動して、足しげく通った記憶があります。

残念ながらフェイマスエイモスのクッキーは、現在、日本では店舗がなく販売されていませんが、マレーシアやシンガポールには実店舗があります。

マレーシアのフェイマスエイモスを訪れた時の様子を記録と共にご紹介します。

Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑こちらは、店内のショーケースにずらっと並ぶクッキーの数々。


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑Famous Amos(フェイマス・エイモス)の創業者ウォーリー・エイモス(Wally Amos)のポスターが飾らています。


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑見つけました!!
大好きだったピーカンナッツ&チョコチップクッキー


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑こちらは、マカダミアナッツ&チョコチップクッキー。
ツルっとした歯ざわりのマカダミアナッツとチョコレートの相性も抜群です。


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑こちらは、料金表ですね。
1RM(マレーシア・リンギット)=約30円です。


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑レジのお姉さん。丁寧に梱包してくれます。


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑店内の奥では、クッキーを作っています。
出来立てを食べることができるので嬉しいですね♡


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


↑お兄さんが成型していたクッキーをオーブンへ投入!


Famous Amos(フェイマス・エイモス)マレーシア
Famous Amos in Malaysia
photo by:kent_deli


思いもかけず、マレーシアで、Famous Amos(フェイマスエイモス)と再会を果たすことができ、幸せな気持ちでいっぱいでした。
もちろんお土産に購入♡ サクッとした食感は、昔と変わらず、とてもおいしかったです。
やっぱり一押しは、ピーカンナッツ&チョコチップクッキーです。


KENT DELI 人生を豊かにするフードプランをお届け

ケントストアでは、英国アンティークを家具を通して「暮らしに美しさと豊かさ」をご提案するとともに、「笑顔にする料理」で毎日の生活に楽しみを与え、さらに人生を豊かにするフードプランを、KENT DELI ()を通してお届け致します。
ブログやSNSを通じて、イギリスを中心に様々な菓子や料理をご紹介していきます。
またケントストア東京目黒店の4階では、ケントデリ主催のセミナーやアフタヌーンティーサロンを開催しております。
ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

◆KENT DELI のインスタグラムはこちらをクリック

ケントデリのインスタグラム


ケントストアでは、スコーンを載せる素敵なテーブルウェアも多数ご用意しています。

 

商品に関すること等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)