【修理の定番】英国アンティーク家具修復協会が推奨するワックス マイランズ社

- 2023/3/3 19:00
  • 0コメント

KENTSTOREのアンティーク家具
ロンドン南部に出店した当時のショップ

マイランズ社とは?

マイランズ社は、塗装職人であったジョン・マイランドにより
1884年に英国のロンドン南部、ストックウェルにて
家具用塗料メーカーとして設立されました。
『最高品質の材料で塗料を作ること』
『最高の技術と情熱を持つ職人が塗料を作ること』
創設者が掲げたこの2つのシンプルかつ難しい信条を貫くことで
修復のプロフェッショナルから圧倒的な支持を受け、
家業として4代にわたり高品質な塗料を提供し続けています。
現在では、英国最大のアンティーク家具修復材料メーカーとして成長し、
BAFRA(英国アンティーク家具修復協会)からも、アンティーク家具の
修復における推奨品として指定されている他、英国王室御用達の商品として
ロイヤルワラントに認定されています。
また、今では品質の高さからテレビや映画、劇場などの舞台美術用の
塗料も数多く手がけています。
歴史的建造物「ウィンザー城」における修復剤から、
「ハリー・ポッター」の舞台装飾まで幅広く愛用される老舗メーカーです。。

KENTSTOREのアンティーク家具
当時は陶器のボトルで販売していました。

一般的な塗料から、修復士も唸るプロ用の溶剤

アンティーク家具の塗装で使用する重要な塗料として、オイルステインと
シェラックポリッシュ(ニス)が必須と言えます。
ステインとは下地の着色剤になり、仕上がり色に対してとても重要です。
国産品では出せないアンティーク家具独特の色合いを再現可能です。
マイランズ社では、オイルステインを現代の塗料(ラッカーやウレタン)
との相性も向上させたナイトロステインを開発しており、作業性に優れた逸品です。
シェラックポリッシュとは、仕上げのコーティング剤になります。
マイランズ社では、手作業で作られた最高級の天然シェラックを原料に使い
溶媒のアルコールに関しても品質にこだわった最高級のポリッシュです。
マイランズ社のポリッシュは、創業当時より同じ製法で製造されており
色の発色性、輝き、しっとりとした風合いは、プロの修復士も絶賛するほどです。
また、アンティーク家具のお手入れに欠かせないのがアンティーク家具用のワックスです。
こちらも1880年代から変わらぬ製法で製造され、原料には最も純度が高く硬度のある
天然のワックス(蜜蝋、カルナバ蝋、シェラックワックス)を使用しており
その中でも高級なカルナバ蝋を多く含んでいるため、抜群の仕上がりを実現できます。
その質の高さと汎用性の高さゆえに、100年以上経っても修復士に愛用される理由です。
ここまでが、一般的なアンティーク家具の塗装に使用される塗料になりますが
マイランズ社では、それ以外にも「ウォーターステイン(水性染料)」や
「ピグメント(粉上の顔料)」「ウォーターダイ(粉末状の水性染料)」など
微妙な色の発色や、経年劣化の風合いを再現する修復のプロ向け製品も扱っています。


KENTSTOREのアンティーク家具
右手を固定して修復していく職人技!!

KENTSTOREは、マイランズ社の日本における正規代理店です。
ご興味がございましたら、是非お問い合わせ下さい。



 

 

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)