英国伝統のトラディショナルスコーンの作り方

- 2022/10/26 17:40
アンティーク家具ケントストアのKENT DELI オリジナルスコーン

ケントデリオリジナルスコーンのレシピをご紹介

KENT DELIのスコーンは「外はカリサク、中はふわっふわ」です。
食感はもちろんなのですが、モーニングからティーブレイク、1日に何個でも何度でも食べたくなる、シンプルな飽きのこない美味しさになっています✨
今回はKENT DELI主宰の半田義和シェフが開発した、プロならではのヒントが隠されたレシピを特別にご紹介します。

アンティーク家具ケントストアのKENT DELI オリジナルスコーン2

作り方

材料;8個分

薄力粉 250g
ベーキングパウダー 12g
グラニュー糖 50g
無塩バター 80g
無糖ヨーグルト 60g
全卵 1個
グラニュー糖 50g
上がけ用の卵白または牛乳 30cc

①薄力粉・ベーキングパウダー・グラニュー糖はあわせてふるっておきます。

②5ミリ角に切ったバターを加えて潰すように、両手で擦るように混ぜていきます。パルメザンチーズのような状態になるまで続けます。
この混ぜる方法を『サブラージュ』といいます。サブラージュ=sablageはフランス語で、「砂のようにさらさらにする」という意味です。
砂のような状態に混ぜ合わせる工程からこのように呼ばれているそうです。
バターが指の温度で柔らかくなりすぎないように、手早く混ぜます。

この半田シェフの技が、表面サクサク中しっとりのスコーンを作り出します。

③よく溶いた全卵・ヨーグルト・牛乳をあわせておきます。
少量ずつ入れては細めのゴムベラなどを使って混ぜていきます。グルテンを出さないようにすることが非常に大切で、シェフは菜箸を使って混ぜています。
これがサクサク感につながります。

④まとまってきたら、生地を2センチ厚さで平たく伸ばし、ラップでくるんで冷蔵庫で15分休ませます。

⑤冷蔵庫から生地を出したら4等分にカットし、重ねて層にします。ミルフィーユのような層にするため、上から軽く綿棒などで伸ばして再度2センチ厚さに伸ばします。

⑥抜き型で抜いてシートに並べたら、卵白または牛乳を刷毛でぬり、180度に温めたオーブンで15~17分焼きます。

アンティーク家具ケントストアのKENT DELI オリジナルスコーン4

シェフのプロフェッショナル・ポイント!

★生地のこね加減、また水分量が多すぎないことで膨らみに違いが出ます。

★生地を何度か折り込む事でミルフィーユの様に上に立ち上がって膨らませることができ、見栄えの良い形にも仕上がります。

★ヨーグルトを入れることであっさりとした風味と食感が楽しめます。
  ヨーグルトに含まれる酸がベーキングパウダーと混ざり合うことで炭酸ガスを発生させるため、中がふんわり仕上がります。

アンティーク家具ケントストアのKENT DELI オリジナルスコーン5

 

後はオーブンがしっかり仕事をしてくれるので、安心して焼き上がるのを待ちましょう。
スコーンというと、お口の中がもさっと支配されてしまうイメージもありますが、こちらは違います!
是非お試しください👨‍🍳
こちらのスコーンの作り方を覚マスターしていただくと、様々なアレンジがお楽しみいただけます😊
今後も英国の美味しいレシピをたくさんご紹介してまいりますので、お楽しみに!

 

 

◆KENT DELI のインスタグラムはこちらをクリック

ケントデリのインスタグラム

◆東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)