「工藝を我らに」展覧会のご案内

- 2023/8/1 16:00
  • 0コメント

みなさま、こんにちは。

本日のブログはケントストアのアンティーク家具が展覧会にて使用していただいている様子をご紹介させていただきます。

只今、静岡県掛川市にて資生堂アートハウス様の展覧会「」を開催中でございます。

内覧会にて、撮影させていただいた写真を皆様にちらっとお見せいたします。

今回は撮影許可をいただきましたので、みなさまが会場へお越しの際に撮影希望の場合は係りの方へうかがってくださいね。

」とは

」パンフレット

こちらの展示会は、今回で第二次展覧会の最終展覧会となっており、2015年から始まった資生堂アートハウス様主催のグループ展となっております。

「資生堂が提案する美しい生活のための展覧会」をテーマに、文化によって生活を彩り、美しさによって暮らしを豊かにしたいと願う資生堂様の思いが込められた展覧会となっております。

今回の展覧会では、十四代 (陶藝)さんの作品をはじめ、漆藝・金工・ガラス工藝などの作品の新作も展示され、生活の中に美しさが溶け込む景色がとても素敵な展覧会でした。

展示のブースはひとつひとつが小さめで、小さなショーケースに上品に飾られた作品を囲うようにゆっくりと歩いて進んでいきます。

どの作品にも、繊細な曲線・筆使いなど、細かく丁寧な技術があちこちに散りばめられており、見る角度によって様々な発見がありました。

照明に反射した影や透かし具合も美しく、アンティーク家具とは違う美しさがあると感じることができました。

普段の生活の中は、芸術品や工藝品に触れる機会がない私も、どこか心が浄化され美しい空間の中ではうっとりと深呼吸のようなため息が出るほどでした。

工藝を我らに展覧会より「八十八夜」

さて、展覧会の雰囲気が少しでも皆様へ伝わったところで、ケントストアのアンティーク家具と工藝品の会場へ行ってみましょう。

小さなショーケースとは反対に、アンティーク家具がダイナミックにフロアに配置されています。

お家の中で実際に使用することを想定した展示は、普段のケントストアの店内で見る家具たちの表情とは全く違い、

「もしかして作品を引き立てるように振る舞っているんじゃないか?」と感じるほど美しい展示でした。

「八十八夜」(写真内左手前の作品)
「八十八夜」(写真内左手前の作品)

工藝を我らに展覧会より「夜に」

「夜に」(写真内右側の作品)
「夜に」(写真内右側の作品)

イギリスアンティーク家具×工藝品

工藝を我らに展覧会より
「二人でお茶を」(写真内中央の作品)

家具と家具の間隔、お皿の距離感が人との距離感を自然に想定させて、本当にこんな風景があるような錯覚になりました。

日本の美しい工藝品と、イギリスアンティーク家具。

きっと交わらないであろうふたつが、ケントストアの日本人の職人に修理されたことによって、資生堂アートハウス様の展示会をもっと素敵に演出しているのかもしれない、とスタッフの一人として誇らしい気持ちになりました。

美しいの定義は人それぞれだと思いますが、時代を超え国を超え毎日が忙しい日本の現代において、作品や家具がもたらしてくれる「ふとひと息つきたくなる瞬間」

イギリスアンティーク家具が好きなケントストアのファンの方にも是非体験していただきたい展覧会でございますので、興味のある方はホームページをご覧ください。

展覧会は2023年7月27日から10月29日まで開催しております。

休館日・営業時間についてはホームページをご覧ください。

 

商品に関すること等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)