【修理】ベントウッドチェアの座面張り替え「バーレイ ブルーキャリコ」

- 2023/5/8 8:00
  • 0コメント
ケントの修理バーレイの生地張替
バーレイ生地で張替したベントウッドチェア(品番:1307049901
photo by: kent_store


アンティーク家具の王道とも言われるベントウッドチェア。
イギリスで買い付けてきたベントウッドチェアの中には、板座が使用できないものもあります。
そういう場合は、座面を新しく作らなければなりません。

今回は、陶磁器メーカーである英国バーレイの人気柄「ブルーキャリコ」の生地を使用し、椅子の座面を張り替えました。


ベントウッドチェアとは

ベントウッドチェア
ベントウッドチェア(品番:2103001803
photo by: kent_store


ベントウッドチェアとは、木材を削りだして曲線を生み出すのではなく、蒸気で柔らかくした木材を型枠に入れて製作するチェアのことです。
ベントウッドとは曲げ木のことを言います。

ベントウッドチェアはオーストリアのトーネット社(THONET)の創業者である、ミヒャエル・トーネット(Michael Thonet, 1796年-1871年)が開発しました。
ミヒャエル・トーネットは、1830年代に曲げ木の技術を開発し、1852年に特許を取得しました。
1859年に完成したNo.14 は、従来の製造と違い、パーツを6つに分解できるノックダウン方式を採用し、原材料の仕入れ・輸送・保管・生産・販売のあらゆる面で革命的なビジネスモデルを確立します。
この画期的な技術法で作られたベントウッドチェアはヨーロッパに広く普及しました。

※ベントウッドチェアに関する詳しい解説はこちらをご覧ください。↓

 

バーレイ(Burleigh)とは

バーレイ工場ミドルポートポタリーの様子
Burleigh『MIDDLEPORT POTTERY』
photo by: kent_buyer (2022年10月撮影)


バーレイ(Burleigh)は、世界で唯一の「銅版転写」という装飾工程をおこなっている陶磁器メーカーです。
「銅板転写」は、かつて陶器業界で広く使われていましたが、高度な技術、多くの時間を必要とするため、現在、銅板転写の方法で陶器を作っているのは、バーレイただ一社のみ。
バーレイ(Burleigh)は、工場の老朽化などにより、一時、倒産の危機に陥りましたが、2011年、チャールズ国王(当時:The Prince of Wales)の慈善団体「The Prince’s Regeneration Trust」が、生産継続のための支援をしたことで、バーレイは、工場、地元の雇用、そして職人技を守ることができました。
バーレイの絵柄の素晴らしさ、170年変わらず熟練の職人の手で一つ一つ丁寧に作られている陶器は、最注目され、その希少性からも世界中で人気を博しています。


※バーレイ歴史と、バーレイの製造工程、そして2022年10月にケントバイヤーがイギリスのバーレイ工場『ミドルポートポタリー』を訪れた際の記録を紹介したブログ記事はこちらをご覧ください。↓



バーレイの絵柄『ブルーキャリコ』とは

バーレイの人気柄ブルーキャリコ
バーレイ『ブルーキャリコ』
photo by: kent_store


バーレイ(Burleigh)の代表的作品『ブルーキャリコ(Blue Calico)』
ブルーキャリコの誕生は、あるアメリカ人男性がきっかけでした。
アメリカの代理店に勤めていた彼は、古い花柄(Prunusプルナス)の生地の切れ端を持ってイギリスのバーレイにやってきます。
彼は、「この古い花柄のデザインは陶磁器に素晴らしいデザインをもたらす!」と提案します。
バーレイのデザイナーは、この古い花柄を基に、1960年代の流行やスタイルを取り入れた柄を制作することになりました。
そして、1968年2月1日、パターン番号9086としてバーレイのパターンブックに掲載されました。

ブルーキャリコのブルーは、インディゴ染料からインスピレーションを受けているそうです。
ブルーの豊かな色調とスクロールする花のデザインは、カジュアルな家庭の食卓にも、特別な日の食卓にもマッチし、今ではバーレイを代表するパターンになっています。

座面の張替え方法

ケントの修理バーレイの生地張替
バーレイ生地で張替したベントウッドチェア(品番:1307049901)
photo by: kent_store


今回は、カフェタイプのベントウッドチェアを使用しました。
カフェタイプのチェアはヨーロッパのカフェを中心に普及したデザインで、ローバックながら笠木(背もたれの上の横に渡る部分)が四角く、さらに背中を包み込むような安定感があります。

座面は、まず板座を制作します。
そして座り心地をとことん追求した数種類の特殊構造のウレタンを重ね、バーレイのブルーキャリコの張地を合わせていきます。


ケントストアのアンティーク修理
ケントストアの修理
photo by: kentstore


※ケントストアのアンティーク家具修理工場「ケントファクトリー」は家具の産地である静岡にあります。
ケントストアの修理へのこだわり、修理技術はこちらをご覧ください。↓




座面の張替えに使用した材料

チェア本体
:ベントウッドチェア カフェタイプ

座面の張地
:バーレイ テーブルクロスL ブルーキャリコ(素材:コットン100%)




張替え後の感想

ダークブラウンのベントウッドチェアとブルーキャリコの落ち着いたブルーの色合いがベストマッチしています。
さらに、白いプルナスがアクセントになり、とても可憐な仕上がりになりました。
座り心地も快適で、置いてあるだけでもお部屋のアクセントになるベントウッドチェアです。


ケントストアが取り扱うバーレイアイテム

ケントストアのバーレイチェア
ベントウッドチェアwith Burleigh
photo by: kentstore


ケントストアでは、今回張替をしましたベントウッドチェアの他にもバーレイ社のさまざまなテーブルウェア、キッチンウェアを取り扱っております。




ケントストア取り扱いバーレイ
バーレイ ブルーキャリコ
photo by: kentstore


バーレイの代表作「ブルーキャリコ」シリーズは、常設で展示販売しております。
バーレイの商品を常時販売しているのは、首都圏では、ケントストア東京目黒店のみです。
また静岡県では、ケントストア静岡本店のみです。
ぜひお手に取ってご覧ください。

ケントストア取り扱いバーレイ
バーレイ テーブルウェア
photo by: kentstore

ブルーキャリコ以外のシリーズも、お買い求めいただけます。

ケントストア取り扱いバーレイ
ケントストア取り扱いのバーレイ製品
photo by: kentstore


エプロンやティーコージー、、ペーパーナプキンなどなど・・・
たくさんのバーレイ雑貨もご用意しております。
ぜひこの機会に、イギリスの伝統を生活の一部に取り入れてみてはいかがですか。



 

商品に関すること等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)