【日本帰国前】ロンドンでPCRテストを受ける方法 最新イギリスPCR検査情報

- 2022/8/14 21:28

現在、イギリスへ旅行に行った際の帰国時に必ずPCR検査をイギリス現地で行う必要があります。

そこで今回はイギリスでどのようにPCR検査をしたらいいのかを詳しく説明したいと思います。

まずは事前準備としてMySOSなどのアプリをダウンロード

MySOS


まずは厚生省のMySOSとCOCOAのアプリを事前にスマホに入れておきましょう。そうすることで日本への入国が大幅にスムーズになります。MySOSのアプリに基本情報とワクチン接種などの必要な情報を入力し登録しておきましょう。この時に日本で受けたワクチン接種の記録も必要となるので、日本出国前にワクチン接種証明書を市役所や区役所で取得しておきましょう。こちらのワクチン接種証明書は申請してから1週間から10日かかりますので、旅行へ行く前に早めに手配しておくといいと思います。

 

英国でのPCRテストはどうやって受けるか

英国から日本へ帰国するのに、英国内で出発の72時間前までにPCRテストを受ける必要があります。では、どこで、どのようにPCRテストを受けたらいいのでしょうか?ロンドンにはたくさんのPCRテストを受ける施設があります。もちろんバーミンガムやリーズ、エディンバラなど地方にもありますので英国旅行の各地で受けることが可能ですが、やはり空港の近くが多いようです。予約はネットで行い支払いも済ませ、会場でPCR検査をし、結果はメールで届くという非常に簡単なものです。

 

まずはPCR検査の会場探しから始めます

Expresstest

今回は旅行者も多いロンドンで受ける場合をご紹介いたします。英国大使館でも推奨しているEXPRESS TEST Cignpostをご紹介します。こちらのエクスプレステストは専用のサイトからエントリーし予約をします。自分の泊まっているホテルの近くなどで予約をするのが良いと思います。このPCR検査ができるエクスプレステストの会場は、場所によって同じメニューでも価格が違いますのでご注意ください。エキスプレステストの会場ですが、車であればヒースロー空港の近くのドライブスルーでPCR検査が出来るので便利で良いと思います。多くの方はロンドン市内に宿泊し、地下鉄などを利用してPCR検査会場へ行くと思いますので、ビクトリア駅やパディントン駅、セントポールの近くに ありますので、そちらを選ぶと便利かと思います。

 

PCR検査の予約方法

ではホームページからどのように予約をするのかご説明いたします。
まずこちらのリンク先からエクスプレステストのページに進みます。

次の画面からTravel tests をクリックします。

ロンドンPCR検査

 

そうするとそのページからPCR Fit to Fly とSame Day PCR Fit to Flyが表示きます。

 

 

これはPCRテストの結果が早いか遅いかです。安いほうのPCR Fit to Fly は翌日の夜の10時までに結果が分かります。それに対してSame Day PCR Fit to Flyはその日の夜中までに結果が分かります。急ぎでない限りはこちらのPCR Fit to Fly の安い方でよろしいかと思います。

 


次にPCR Fit to Fly を選択すると、どこの場所でテストをしたいかを検索するページになります。

 

 

そこに自分のロケーション、例えばLONDONとかを入力します。そして検索ボタンを押して下へスクロールするとロンドンのPCRテストを受けられる場所の一覧が表示されます。

 

 


ロンドンのセントポールやビクトリア駅、パディントン駅などが表示されると思います。ヒースロー空港でしたら、各ターミナルやその近くのドライブスルーでPCR検査を受けることができます。希望の会場が決まりましたら、そちらのBook hereをクリックします。

 

 

次の画面でPCRテストを受ける人数と日付を選択する画面になりますので、人数と受ける日付を選択します。これはポップアップから選ぶだけなので簡単だと思います。

 

 

そして次の画面でテストを受ける時間を指定します。日付の下にPick a timeという箇所をクリックすると、やはりポップアップで時間が出てきますのでクリックして選ぶだけです。
画面の下には金額が表示されているので確認しておきましょう。

 

 

そして次の画面に進みますと自分の情報を入力する画面になりますので、New customersをクリックし 自分の名前や電話番号、Eメールアドレス、パスワードなどを入力して登録し、支払いのカード情報などを入力したら完了です。

 

 

以上でエクスプレステストのネットでの予約は完了です。

 

 

PCR検査会場への行き方


次にPCR検査を受ける会場への行き先を紹介します。
私が行ったのはセントポールのエクスプレステスト会場になりますので、そちらをご案内したいと思います。検査は10分ぐらいで終了しますので、その後にダイアナ妃が結婚式を挙げたセントポール大聖堂を見学してもいいですね。天井のモザイクアートは必見です。

持ち物はパスポートと予約時に発行されたQRコードです。QRコードが表示された画面をスクリーンショットしておくといいと思います。

セントポールの会場へは地下鉄で2つの駅から行くことができます。
1つは赤のCentral LineのSt.Paul’s駅から行く方法と、緑のDistrict LineのMansion House駅から行く方法です。

 

St.Paul’s駅からの行き方

 

改札を出てExit1のCheapsideと書いてある方へ進みます。

 

 

少し階段を上ると地上へ上がる左右の階段に分かれますので、右のほうの階段を上って行きます。

 

 

Cheapsideと書いてある方方向ですね。

そこを上ると大きな木がありますので進行方向に向かってまっすぐ進みます。

 

 

そうすると目の前にモダンな建物が見えますのでそちらが会場となります。

 

 

左手にテラスのあるレストランと奥に教会が見えますので、それを背にして横断歩道を渡ります。横断歩道を渡るとZARAが入っているビルが会場の建物になりますので、そのまま直進し右手にセントポール大聖堂が見えたら左手の建物にエスカレーターがありますので、地下へと下がっていきます。

 

 

エスカレーターで地下へ下がるとブティックがいくつか並んでいる通路を抜けて正面の階段のほうに向かって歩きますと右手奥に会場が見えてきます。

駅からは3分位のところです。

 

Mansion House駅からの行き方

 

駅を出ますと目の前に有名なSHAKE SHACKというハンバーガーショップがあります。そこの右脇道を入って最初の角を左に入ります。

 

 

この角にはYe Olde WatlingというパブとJonesという靴屋さんがあります。

その角を左へ曲がると正面にセントポール大聖堂が見えますのでその方向に歩くと最初の右角にモダンな建物があり、その角にはピザ屋さんがあります。

 

 

このモダンな建物の中にエクスプレステストの会場が地下に入っています。

 

 

このピザ屋さんを右に曲がりBREAD STREET側から建物に入ります。

 

 

目印はH&Mが入っている所がメインの入り口になりますので、そこから建物に入りますと正面にエレベーターが見えます。

 

 

そのエレベーターから振り返るとエスカレーターがありますので、それで地下に下ります。エスカレーター降りて左手にエクスプレステストの会場が見えます。

 

 

駅からは4分位のところです

 

PCR検査会場での受付方法

 

こちらではパスポートと自分が予約したエクスプレステストから返信されたQRコードを用意して受付します。
PCRテストは5分ぐらいで終ります。
簡単な質問に答えた後は、鼻と口から綿棒のようなものを入れて採取するだけで検査は終了です。

後は陰性であることを願うだけですが、通常のPCRテストですと 翌日の夜の10時までに結果が出ます。私の場合は夜の9時ぐらいにメールで報告がありました。
早い人ですとお昼ぐらいにメールが届く人もいるようです。この報告でポジティブと なっていると陽性と言う事ですが、ネガティブと書いてあれば陰性ですので無事帰国ができるとことになります。

 

PCR検査結果の最後にすること

このPCRテストの結果をMySOSに登録すれば帰国の手続きは完了です。
英語に慣れていないとネットで予約をしたりするのに不安があるかもしれませんが、そのような方のために、こちらのブログで詳しくご案内させていただきました。こちらのブログを参考にいていただき、安心してイギリスでPCR検査を済ませ、不安のないイギリス旅行をお楽しみください。

 

♠ケントバイヤーのインスタグラムはこちらをクリック!バイヤーの英国情報も満載ですので是非ご覧ください。

ケントバイヤーのインスタグラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)