アンティークのランプシェードで素敵なインテリア作り!

- 2022/11/15 12:00

布製ランプシェードの歴史

ランプシェードについて


イギリスで電気と白熱球の明かりが普及し始めたのは1880年頃だと言われています。
それまではろうそくやオイルランプ、ガス灯がメインでした。
特にガス灯は独特の匂いがあるため、早く白熱灯に切り替える事が、当時の家庭のステータスにもなっていたのだとか。
オイルランプやガス灯だと、布製のランプシェードはもちろん燃えてしまいますよね。
なので、布製のランプシェードの歴史は電気の普及と共に始まりました。
時代によって、インテリアのそれぞれの様式に合うシェードが作られています。
フリンジがついたものやプリーツがついたもの、女性のドレスのような様々な装飾が施されたものなどがあり、テーブルランプ、スタンドタイプのフロアランプ、ウォールランプへと取り付けられていました。


ランプシェード用 骨組みの販売

ランプシェード用骨組みの販売

ケントストアでも、アンティークの経年劣化の風合いが魅力のランプシェードを販売しております。
「現代の既製品にはない雰囲気があって素敵ですね」とお客様にも褒めていただく事もあるのですが、過度な劣化の目立つシェードは古い布を取り外し、フレームのみで販売をしております。
LED電球が普及した現代では、耐熱性に縛られない豊かなアレンジが可能となりました。
そこで、骨組みだけでも十分に可能性が広がるインテリアとして、手に取っていただきたいと思います。


アレンジのご提案

裸の電球に骨組みだけのシェードを組み合わせるだけでもモダンな雰囲気になりおすすめですが…
カフェや美容室、アパレルショップのディスプレイ、結婚式場などで、ドライフラワーや観葉植物を組み合わせたペンダントタイプの照明をよく見かけませんか?


ランプシェードについて

他にも、リボンをたくさん結びつけたり、お好きなカラーに骨組みをペイントしたりも出来ますね。
アンティークランプシェードとLEDランプ、時代を超えた組み合わせにワクワクしてきます。
クリスマスにむけて照明のアレンジがピッタリの季節です。
ぜひ店頭にてお気軽にお声がけください。


商品に関すること等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)