ケントストアのファブリックを使用したハンドメイドの楽しみ方

- 2022/11/11 13:11

ケントストアのファブリック

ケントストアのファブリックはぎれでハンドメイド


ディスプレイキャビネットの棚の中やチェアの座面など、アンティーク家具のリペアには様々なファブリックが使用されています。
ケントストアでは、その工程で余った上質なハギレをご購入頂けます。
もちろん廃棄なんて勿体ないですし、SDGsの理念にも繋がりますね!
いくつか活用法のご提案も兼ねてご紹介します。


イギリスアンティーク家具との相性が抜群のウィリアムモリスのファブリックです。
アパレルの分野でも様々なウィリアムモリスのアイテムを目にしますが、ケントストアのハギレのほとんどが、お洋服によく使用されるシーチングやローン生地と比べると厚手で、柄の縮尺も大きめです。
丈夫なのでバッグやヘアアクセサリー、ファブリックパネルへのアレンジなどに向いていますし、小さなサイズでも色々な柄をパッチワークのように縫い合わせて使うのもハギレの醍醐味です。
1メートル単位でのお取り寄せも承りますが、ハギレなら価格もお手頃なので、手芸やソーイングがお好きな方にはたまらないアイテムです。


ウィリアムモリスのはぎれを使った小物

今回は、ウィリアムモリスの代表的作品「」の布地を使って、ミニトートバッグと眼鏡ケース、ポケットティッシュカバーと、ヘアゴムを作りました。
お裁縫は苦手!という方も、お洋服のワンポイントでワッペンや缶バッジをつけるとか、紐状にザクザク切ってラッピングのリボンとして使ったり…アレンジは無限大です。
そのままフォトフレームに入れるだけでインテリア雑貨としてお部屋のアクセントにもなります。

ケントストア静岡本店にていくつかサンプルをご用意しておりますのでぜひ実際にご覧になってみて下さい。

フェイクレザー

柔らかく扱いやすいフェイクレザーも様々なカラーを取り揃えております。
マットな質感のものから光沢のあるものまで、選ぶ楽しさもありますね。
今回は少しアイデアを絞り出してこんなアレンジをしてみました。


1.ボトルホルダー

フェイクレザーを使ったボトルホルダー

カシメを使って作ったボトルホルダーです。
フェイクレザーをリボン状にカットして組み合わせるだけなので、レザークラフトの経験が無くてもとても簡単でした。
レザー面が外側になるようにリボン状のパーツを二重にして、しっかりとカシメで固定すれば、もっと頑丈な仕上がりになると思います。


2.豆椅子

フェイクレザーを使った子供の椅子

こちらはお子さんのいらっしゃる方におすすめ。
昔から親しまれているベビーチェア「豆椅子」の貼り替えにも! タッカーで縁をぐるりと固定するだけで、カラフルでポップな商品がお洒落な家具顔負けの落ち着いたキッズチェアに変身しますよ。

モケット

毛並みのあるモケットも意外とアレンジが楽しい素材です。
今回はヘアアクセサリーのバレッタを作ってみました。


モケット生地を使って作ったバレッタ

リボンの形を作って縫い合わせればクリスマスツリーのオーナメントにもなりますし、 ギフトボックスの中に敷けばプレゼントもワンランクアップの効果がありそうです。

最後に

今回、ファブリックと組み合わせて使った道具やパーツ類は決して珍しいものや職業用の本格的なものではなく、ホームセンターや100円ショップ、手芸店などで簡単で安価に手に入る物を使用しています。
ぜひ趣味の時間に今回のご提案をヒントにしてみて下さい。

商品に関すること等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)