アフタヌーンティーの名店 タイニートリア本店のリニューアル

- 2022/8/12 18:00

人形町のアフタヌーンティーの大人気店、タイニートリア様の小さな本店のリニューアルをお手伝いさせていただきました。


アンティークカップボードの納品実例

 

アフタヌーンティーの大人気店、日本橋人形町のティールーム『Tiny Toria Tearoom』様の小さな本店のリニューアルのお手伝いをさせていただきました。
現在のお店から路地を入ったところにある、創業のお店が本店です。
その名も「小さな本店 ティー & サムシングラブリー」。
現在は不定期営業で、オーナーの慶本さんが集めていらした、カップ&ソーサーをはじめとする可愛らしいテーブルウェアやキッチンウェアの数々を販売するショップとなっています。

 

タイニートリア小さな本店リニューアルのきっかけ

リニューアルの始まりは、オーナーの慶本様がケントストア東京目黒店にお越しいただいた際、ケントアンティークのカップボードに一目惚れしてくださったことをきっかけにリニューアル計画の構想がスタート。

現在ティールームとして営業されている店舗に対し、こちらの本店は少し落ち着いた雰囲気の英国空間を再現し、英国とアンティークを感じられる空間で紅茶と雑貨を楽しめるお店になりました。

 

アンティークのカップボードをアイコンに店づくり

アンティーク家具のカップボード

アンティークのカップボードがアイコンになるよう店舗の中央に設置するため、元々備え付けられていたカウンターを取り外すところから工事は始まりました。
慶本様のアイデアで、想い出のカウンターを少し残してカットし、切断した断面はMYLANDS ナイトロステインで塗装して小さいテーブルとして仕上げました。
この空間はとても可愛らしくまとまり、慶本様もお気に入りのスペースになったようです。
そして元々あったテーブルもアンティークのカップボードに色を合わせてリポリッシュして全体の統一感を図り、同じくベントウッドチェアもリポリッシュする事で綺麗に蘇りました。

いよいよカップボードの設置

アンティークのカップボード

 

上下を外して搬入したカップボードを組み立てて、カップボードを壁面の中央に設置しました!
アンティークのカップボードには慶本様の素晴らしいコレクションである小花柄や美しい絵柄のプレートやカップ&ソーサー、ガラスの器などが美しく並べられています。

 

サインプレートはサスティナブルにリポリッシュ

 

リフォーム実例
リフォーム実例 ショップネームプレートもポリッシュでお色直し。

既存のアンティークアイテムを活かして

アンティークのカップボードを取り入れるだけで、全体が本格的な英国のティールームをイメージさせてくれる空間になり、テーブルやチェアの色のトーンを合わせることで家具のコーディネートはまとまると思います。
そこにショップオーナーの素敵なコレクション雑貨と美味しい紅茶と英国菓子があれば、もう間違いなく素敵なお店になることを今回タイニートリアさんのリニューアルをさせていただいて改めて実感いたしました。

素敵なティールームのタイニートリア様、この度は、このような機会を与えてくださいましてまことにありがとうございました🇬🇧☕️🫖


静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)