【プロの解説】価格高騰!?人気のミッドセンチュリー家具

- 2023/2/24 11:00
  • 0コメント

ここ十数年で、人気の高い北欧ヴィンテージ家具やデザイナーズ家具が
現地でみつからなかったり、価格が数年前より上がったりとバイヤーを悩ませています!
英国の北欧デザイン家具も同様で、なかなか難しい買付けが続いています。
ミッドセンチュリー家具と、1960年代の英国家具状況を探っていきましょう。

KENTSTOREのアンティーク家具
ERCOL社、当時のカタログ写真

ミッドセンチュリー家具とは?

(Mid‐Century)とは、その名のとおり20世紀中頃を指し
その当時に製作された家具を総称して「ミッドセンチュリー家具」と呼びます。
この頃は、デンマークなど北欧では有機的なデザインのシンプルな家具が製作され
そのスタイルが世界的な流行となり、1960年代頃には各国の家具メーカーで
次々と似たデザインの家具が製作されていきます。
英国では、50年代からスカンジナビア家具が大量に輸入され始めました。
それらは洗練されたデザインで人気でしたが、輸入品のため高価なものでした。
その為、多くの英国家具メーカーがこぞってスカンジナビア風家具を作り始めます。
いい意味で英国家具メーカーが製作するスカンジナビア風の家具は特色が出てくるのです。
輸入されたスカンジナビア家具は、チークやローズウッドの突板が張られている物が
多かったのに対し、英国の商品は無垢材を使用する頻度が比較的高い傾向がそれです。
オーク材はもちろんですが、この年代はエルム材も多用されています。
塗装はオイル仕上げとラッカー塗装の2つが主となります。
英国の服飾デザイナー「マーガレットハウエル」が、ERCOL社に60年代家具の
復刻版を製作依頼し、販売したことから再び人気が出始めました。。
マーガレットハウエル自身が幼い時に使用していた「学校の椅子」が理由と言われています。

KENTSTOREのアンティーク家具
G-PLAN、当時のカタログ写真

英国の2大ブランド、ERCOLとG-PLAN

英国ミッドセンチュリー家具の代表格としてERCOLとG-PLANが挙げられます。
この2大ブランド家具が、日本だけでなく世界中で北欧人気が再熱している現在は
英国での現地価格が早いペースで高騰しています。
特に人気のデザインやシリーズだと、現地でも探すのが困難な状況が続いていて
ここ数年で倍以上の価格高騰ぶりです!
日本でも、ここ数年は値上げの兆しがありますので、購入するなら今かも!?


KENTSTOREのアンティーク家具
KENTSTORE 2F ERCOL STOCK

ERCOL(アーコール)とは

イタリア生まれの家具デザイナー「ルシアン・アーコラーニ」は、
ロンドンへ移住後に1920年アーコール社を設立しました。
エルム材を使用し、蒸気を利用したウィンザーチェアの大量生産に成功します。
1963年には、スタッキングチェア(積み重ねられる椅子)が英国国内の
(学校の椅子)として採用されます。
その後も人気のクエーカーチェアやゴールドスミス、スタジオカウチなど送り出し
現在でもアーコール社は現存していて、日本で新品の購入も可能です。
生産時期により、背中のスポーク本数の違いや、座面のデザイン違いなどがある
ヴィンテージチェアはコレクターがいるほどに、日本でも大人気です。
デザインはもちろん、実際の座り心地も計算されているので実用度も人気の理由です!

KENTSTOREのアンティーク家具
G-PLAN(ジープラン)サイドボード

G-PLAN(ジープラン)とは

G-PLANは、1898年創業の英国家具メーカー「E・GOMME社」が発表した
家具のブランド名です。
1960年代に、デンマークの家具デザイナーを迎え入れて、北欧スタイルの
家具(G-PLAN)をデザインします。
人気のシリーズ「フレスコ」などは、世界でも販売され人気を確立しています。
ガラストップの丸いコーヒーテーブルや、シンプルなラウンドダイニングテーブルなどは
現在でも買付けが難しく、価格も高騰しているアイテムです。



KENTSTOREでは、1930年代頃の英国アンティーク家具を中心に、
1900年以前の家具も多数取り扱っています!



 

 

 

静岡本店 TEL : 054-204-7003 ⬅ スマートフォンの方はこちらをクリック
東京目黒店 TEL : 03-6420-0548 ⬅スマートフォンの方はこちらをクリック  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)