What is a
Refectory Table?

リフェクトリーテーブルとは?

僧院や修道院、大学などの食堂で使用されていた、一枚板の天板とがっしりとした脚の素朴でシンプルなデザインの大型テーブルです。

リフェクトリーとは「僧院などの食堂」を指し、大人数で食事をとる大きなテーブルを総称してリフェクトリーテーブルと呼ぶようになりました。

History of Refectory Table
リフェクトリーテーブルの歴史と物語

Story

16世紀頃に登場し、多くの修道院や富裕層宅でこのリフェクトリーテーブルが用いらるように。当時は共有スペースである大食堂に集まり、テーブルを大人数で囲みながら食事をするスタイルでした。

しかし、17世紀には、大ホールで大勢の人と食事をするスタイルから少人数で集まるように生活様式が変化していきます。

ゲートレッグテーブルなどを囲み、居間や応接間で食事をするようになっていったため、リフェクトリーテーブルは徐々に製作されなくなっていきました。

その後、1900年代に入り、ドローリーフテーブルやゲートレッグテーブルと同様、折衷様式としてリフェクトリーテーブルもリバイバルし、住宅環境に合うようサイズダウンされます。

現存するアンティークのレフェクトリーテーブルは、17世紀~18世紀のジェニュイン・アンティークと呼ばれる100年以上たった真正のアンティーク、もしくは20世紀に作られたリプロダクションが一般的です。

The kinds of Refectory Table
リフェクトリーテーブルの種類・ブランド・メーカー

大型リフェクトリーテーブル

大型リフェクトリーテーブル

両側に4人ずつ合計8人以上が一度に使用することのできるとても大きいリフェクトリーテーブル。ご家庭はもとより、店舗ディスプレイの什器としても存在感があります。

例えばファッションストアではメインの陳列テーブルとなり、トランクなどの大きめの雑貨なども展示することができます。

中型リフェクトリーテーブル

中型リフェクトリーテーブル

両側に2人ずつ合計4人以上座ることができる中型のリフェクトリーテーブル。中型とはいえ天板は大きめなので、ゆったりと食事をお楽しみいただけます。

小型リフェクトリーテーブル

小型リフェクトリーテーブル

比較的狭いスペースにも置いていただける小さめのリフェクトリーテーブル。両側に1人ずつゆったりと座ることができます。

壁付けでもご使用いただける、お手軽なテーブルです。

4ストレッチャーレッグタイプ

4ストレッチャーレッグタイプ

古くからの典型スタイルである4ストレッチャー(貫)タイプ。チェアを収納することができない分、貫が4本しっかりと入っているので頑丈です。

パネルレッグタイプ

パネルレッグタイプ

板状になったパネルに一本のしっかりとした貫が入っているタイプのリフェクトリーテーブル。挽物の脚よりも足元の広さが若干広めに取られています。

挽物系1ストレッチャーレッグ

挽物系1ストレッチャーレッグ

両側にバルバスやバラスターなどの挽物(ろくろ)細工を使用したタイプ。

ストレッチャー(貫)は一本で両サイドに若干突き抜けているものが多く見受けられます。

ERCOL アーコール 

ERCOL アーコール 

オールドコロニアル・シリーズにおいて、定番と呼ばれるパネルレッグや4本脚のリフェクトリーテーブルもあります。

シンプルな見た目から様々なテイストに合わせることができる使い勝手の良いテーブルです。

リフェクトリーテーブルの特徴・機能と使用方法

レフェクトリーテーブルはもともと修道院等で使用されていた為、通常のテーブルより大きなサイズであることが特徴です。

大人数で食事をする、または、卓上をワイドに使いたい方におすすめです。

How to use Refectory Table
リフェクトリーテーブルの活用術

大人数で囲んでお食事をする際に適しています。

レストランでは、天板の中央をパーテーションやメニューで仕切るなどの工夫ひとつで、少人数から大人数までご使用いただけます。広い天板ゆえ、卓上にお花や小物をディスプレイすることも可能です。お食事シーンや団欒のひと時が華やかになります。

もともと修道院などで使用されていたことからチャーチチェアと一緒にセッティングしても素敵な空間を演出できそうです。

大きいサイズのテーブルが多いため、ショップの店舗什器としてもご使用いただけます。

①12名ご利用できます

②仕切りを入れる

③2組利用可能です

Key points of choosing Refectory Table
リフェクトリーテーブルを選ぶポイント

①ERCOL パネルレッグ

②四方から椅子を収納できる

③椅子とベンチで合わせる

④お気に入りの椅子と合わせる

シンプルなデザインのテーブルが多いですが、脚の本数や脚部デザインがバルバスレッグのものなど、お好みのデザインから選ぶことができます。

2本脚でも4本脚でも四方からチェアを入れることができるデザインが多いので、お部屋の中央にも、壁付けにも配置できます。

Key points of repairing Refectory Table
リフェクトリーテーブルの修理ポイント

アンティーク家具の魅力の一つが1点物であること。そして特注品を含めて個性に合わせてオーダーメイドしたストーリーが魅力です。
しかし、それが規格外のサイズだった場合、使用しにくい場合もございます。

① 構造面へのこだわり

リフェクトリーテーブルは日常生活の中で接する時間の長く、使用頻度の高い家具です。また天板と脚が固定されていないものもあるのでグラつきに対して細心の注意が必要です。 脚の部分の修理を怠ると、天板を乗せたときに揺れ、安定性や安全性も損なわれてしまいます。また、リフェクトリーテーブルの天板の多くが重量のある無垢の木材を使用しているため、 フレームの構造をしっかり丈夫なものに仕上げることを心がけて修理をしています。

② ガタつき、グラつき徹底補修

ガタつき、グラつきの修理は、一つひとつのパーツに一旦ばらしてから再度組み立てていきます。その際はオリジナリティを大切にし可能な限りマイナスビスを使用しています。また、定盤を使用して水平を出します。

ヒビ・割れには同種類の木材から埋め木をして必要に応じて裏面から補強のための板を接着しています。

③ 塗装へのこだわり

天板においては一度しっかりと剥離を行い、きれいな状態にしてから塗装をします。そうすることで、ムラのないきれいな仕上がりになります。 本場英国と同じ仕上げにするため、マイランズ社のナイトロステインを使用、木目をくっきり出さないミッドセンチュリーなどのテーブルにはオイルステインを使用するなど、 一つ一つの素材を最大限に生かした塗装をしております。また、リフェクトリーテーブルは使用頻度が高いため塗膜を厚くしております。

ケントアンティーク家具に共通した修理ポイント

ケント品質

アンティーク家具を後世に残すことを目的に、世界に誇る日本の技術力と、伝統の英国材料で再現するケントクオリティの修理

Wood Work〜木工修理〜

日本の「モノ作り」の評価は世界でもトップクラスと言われています。

ケントが工場を構える静岡はその中でも家具の産地として徳川家康の時代より全国の職人が集結した「モノ作り」の聖地です。

ケントはその伝統のある静岡で家具職人を集め、若手を育てながら日本の技術を伝承しています。

新たな「モノ直し」文化を世界に向けて発信し、日本の高度な修理力を実践しています。

Paint Work〜家具の塗装・装飾金具〜

伝統と優れたモノを大切にする英国では家具を修理するマテリアルも現代に受け継がれています。

英国アンティーク家具の修理ポイントは、この時代の家具と一番相性の良い材料を選ぶ事。

ケントでは塗料からディテールの装飾金具に至るまで伝統あるイギリス製にこだわっています。それによりイギリス生まれイギリス育ちのアンティーク家具を完璧に再現し、時代の物語を秘めたアンティーク家具に仕上げています。

How to do maintenance
リフェクトリーテーブルのお手入れ方法

ご使用の注意点・設置場所

湿気の多い場所や直射日光のあたる場所での設置は避け、極度の乾燥を防ぐためにエアコンや暖房器具付近の設置もご注意ください。急激な温度変化や乾燥により、木の反りやわれの原因となります。

また、水平な場所にテーブルは設置してください。ゲートレッグテーブルの場合、補助の脚(ゲート)を引き具合に支障をきたす場合があります。

日常的なお手入れ・拭き方

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。

水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。

※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

定期的なワックスでのメンテナンスをお勧めしております。ワックスをかけることで木に潤いを艶を出し、アンティークの風合いをより楽しめます。また、ワックス膜により塗膜を保ち、乾燥による不具合を防止できます。

稼働部分の定期的なお掃除もお願いします。特にリーフの稼働部分などよりスムーズな動きを保つためにも、定期的なお掃除をお勧めします。

リフェクトリーテーブルのワックスのかけ方

汚れを拭き取ってからワックスをかけます。

詳細はこちらからご覧ください。

>>> アンティーク家具のワックスのかけ方

シミがついてしまった場合

MYLANDSファニチャークリーナーで落としてからワックスをかけます。

詳細はこちらからご覧ください。

>>> アンティーク家具の輪じみの消し方

傷がついてしまった場合

小さな傷はタッチアップペンやスクラッチカバーで目立たなくすることができます。使い方は簡単です。塗って乾かすだけです。塗るときに傷部分からはみ出さないようにご注意ください。

ガタつき・グラつきの場合

ガタつきがある場合の主な原因は家具の水平がとれていない場合に生じます。応急処置としてはガタつく隙間に何か板を入れたり、アジャスターを取り付けて各脚の高さを調整すると直ります。グラつきの場合は家具のゆるみなどから生じる揺れが原因の為、ひどい場合は家具自体の組み直しが必要となります。その場合はケントファクトリーにご相談ください。

天板の塗装がカサカサになってしまった場合

水ぶきなどを長期間にわたり行ったり、高湿度や直射日光の当たるところに設置しますと天板が肌荒れのようにカサついてくることがあります。ワックスで落ち着かせることもできますが、綺麗に天板を整えたい場合は再塗装をお勧めします。

プロの修理が必要な場合

アンティーク家具はメンテナンス品を使用して、簡易的な補修ができる家具ですが、構造的な修理が必要な場合や、購入時の状態に復元して綺麗に使用されたい場合は、ケントファクトリーへご相談ください。お客様の家具の問題やお悩みを解決いたします。

>>> お問い合わせはこちらから

お買いものはこちら リフェクトリーテーブルの商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、
ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
メンテナンス用品案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら

No tags for this post.