英国ではドレッサーと呼ばれる食器棚。

上部の棚にはお皿を飾り付けます。店舗什器として商品を並べて見せるのにも使用されます。

 

カップボードとは?

サイドボードの上にプレートを並べる棚がついた、食器棚付き調理台です。英国ではこのような食器棚(カップボード)をドレッサーと呼びます。

 

カップボード

カップボードの物語

中世におけるドレッサーは本棚のような形状の物を指し調理をする食材などを置くために使用されました。16世紀に入りその使用目的は居間などでお皿を飾ったりするためとなり、17世紀後半から18世紀に入りその本棚状の家具の下にお皿やカトラリーを収納するための引き出し付きのサイドテーブルやサイドボードが加えられほぼ現在の形状となりました。
※英国ではこのような食器棚をドレッサーと呼び、アメリカでは化粧箪笥や鏡台をドレッサーと呼びます。

 

カップボードの種類

カップボード スタンダードタイプ

スタンダードタイプのカップボード

食器が飾れるようになっているタイプのもの。下の部分ののボックスは収納になっており、見せる食器とそうでない食器を区別することができます。

カップボード ガラス戸付きタイプ

ガラス戸付きカップボード

スライドさせて開けるガラス戸が付いたタイプ。飾り用の食器がガラスで守られているので、ホコリを避けてディスプレイすることができます。

 

カップボードの選ぶポイント

カップボードを選ぶ一番のポイントはサイズです。部屋のサイズを事前に測っておき、問題なく配置することができる確認しておくことが大切です。また、収納する食器の量も把握しておくことで、どのくらいの収納力のあるカップボードが必要かどうかがわかってきます。
また、カップ&ソーサーやプレートなどの食器を飾るのであれば、それに見合ったカップボードを選ぶことをオススメします。木の色合いだけでなく、棚の奥行きや高さもチェックしておきましょう。

 

カップボードの使い方

普段使いの食器棚としてご利用になられます。また、カップ&ソーサーやプレート等の食器類を飾るディスプレイ棚としても使用できます。
小物雑貨店を運営されているお客様は、商品を並べるためのおしゃれなディスプレイ用什器としてもお使いいただけます。

 

ケントの修理ポイント

ケントアンティーク家具では傷の修復、ワックス掛けはもちろんのこと、稼動部分である引き出しや扉にも細心の注意を払って修理、修復を行っています。
また、棚の部分においては、プレートを立てて並べらるよう溝が板に刻まれています。見逃しがちなその溝の処理もケントアンティーク家具では、きれいにそして、安全にプレートが置ける様、修復しています。

 

お手入れ方法

木部のお手入れ

日常的には乾拭きをお勧めします。
水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをするこ とをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。

ガラス部分のメンテナンス

普通のガラスクリーナーでお手入れしてかまいません。しかし、化学薬品を使用する場合は木材の部分に付着しないように気をつけて行ってください。
お手入れをする際は、鏡に直接吹きかけるのではなく、いったん布にとり、鏡を磨いていただくと木材に付着する恐れがありません。また最後に乾拭きをしっかりすることをオススメします。

取っ手の部分のメンテナンス

使用していると色抜けするケースがあるます。その場合はスクラッチカバーやポリッシュを使用して補修してあげれば取っ手全体がきれいになり、目立たなくなります。

金具部分のメンテナンス

乾拭きで十分です。古い金具が使われていることがありますので、取り扱いには注意してください。

 

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「カップボード」の商品一覧ページへ
▶ カップボードを今すぐショッピング

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー

厳選されたアンティーク家具

ケントはなぜ静岡で誕生?

MORE

MORE

MORE