英国アンティーク家具のウォッシュスタンド。昔の洗面台です。水道が整備していない時代の貴重な家具です。

ウォッシュスタンドとは?

現在日本で言われているウォッシュスタンドの正式な名称はウォッシュハンドスタンドとなります。ウォッシュスタンドとは15世紀以前からあるのですが、3本以上の支柱によりボウルを支え、顔や手を洗ったりするのに使いました。形状は今で言う少し背の高いプラントスタンド的な物を想像していただければ遠くありません。使用用途は洗顔や歯磨きなどのために使われ水をためるジャグ&ボウルなどを収納する機能もどんどん工夫されました。オフィスや書斎用などでは外見的にはチェストオブドロワーズやカップボードで、天板部を開くとボウルが埋め込まれているなどのエンクローズタイプの物がよく使用されました。ヴィクトリアンベッドルームスイートを構成する家具の一つとなります。

▶ ウォッシュスタンドを今すぐショッピング

ウォッシュスタンド

ウォッシュスタンドの物語

ウォッシュハンドスタンドは19世紀に登場し、御存知の通り大理石が天板とスプラッシュバックやウォッシュボードと呼ばれるつい立て部分に使われ、耐水性が出されました。後に大理石部分をガラスやタイルに置き換えた物も作られ、さらにスプラッシュバックの上部に鏡をつけた豪華なものも作られました。

お買い物はこちら 「ウォッシュスタンド」の商品一覧ページへ

ウォッシュスタンドの種類

ウォッシュスタンド 天板が大理石のもの

天板が大理石のもの

ウォッシュスタンド 天板が木製のもの

天板が木製のもの

ウォッシュスタンドの選ぶポイント

水場で使用する場合は天板が大理石のもをお勧めします。
木製のものでも、小物を置いたり、収納としてもご利用になれます。

ウォッシュスタンドの使い方

天板が大理石で作られているものは、水場の作業をしても支障ありません。
そのためカフェのサイドテーブルや作業台としてもご使用頂けます。
キャスターがついているものが多いため、移動も簡単です。
また、チェストとしての使用もオススメです。
もともとボウルを置いていたので天板部分の面積もあり、小物を飾ったり、鏡を置いてドレッサーとしても使えます。

ケントの修理のポイント

当時洗面台として使われていたウォッシュスタンドは天板が大理石で出来ていたり、笠木の部分にタイルがはめ込んであったり、デザイン的な魅力が楽しめるアンティーク家具です。水周りで使用することを目的に作られた家具のため、このような作りになっています。
現代ではお洒落な什器として使用したり、パウダールームに置いたり、キッチンでチョッピングボードとして使用したり、など、その用途に合わせた修理をケントアンティーク家具では行います。

お手入れ方法

作業台としてや、水場の作業を行う場合は日常的なお手入れと注意が必要です。
特に水場の作業ですと、木製部分は通常のアンティーク家具と同じく水・湿気に弱いので塗装表面が剥がれたり木が劣化したりする恐れがあります。
水がはねたら必ず乾拭きすることをお勧めします。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「ウォッシュスタンド」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー

厳選されたアンティーク家具

ケントはなぜ静岡で誕生?

MORE

MORE

MORE