アフタヌーンティーからダイニングまで使えます

ティートローリーとは?

お茶を飲むときに使用する可動式のワゴンです。天板が折りたためるものや引出しのついているもの、ワゴンの両側にケーキを載せるスタンドのついたものもあります。日常的に紅茶を嗜む英国ならではの家具です。

▶ ティートローリーを今すぐショッピング

ティートローリー

ティートローリーの物語

ティートローリーの歴史はヴィクトリア時代から始まります。
18世紀中ごろから貴婦人の間で広まったお茶会は、ヴィクトリア時代には中上流階級の生活にしっかり根をおろしていました。
でもそれは逆に、大人数のメイドを常に雇っておくことが出来ない家庭でもお茶会を楽しむ機会が頻繁にあったということになります。一人のメイド、そして奥様まで動いたとしても、紅茶に使うティーポットやティーカップ、ティーソーサー、ケーキやスコーンの皿などを一つ一つテーブルまで運ぶのは大変です。また運んでいる最中に大事なティーカップを傷つけてしまう恐れもあります。
そこでキャスター付きのティーテーブルにティーポットやティーカップをセットしておけば、テーブル近くまで安全に運ぶことができます。そして、来客時にご自慢のティーセットや華やかなお菓子を一度に出して見せることは、たいそうなプレゼンテーションでもあったのです。
また、ティータイムの途中でケーキやスコーンの皿などでテーブルがいっぱいになった時は、余分な物をティートローリーにとりあえず載せておけば、片付けのためにいちいち動く必要がなくなり、ゆっくりと過ごすことができます。
ヴィクトリア時代、その後のエドワーディアンのティートローリーは家庭用のものがほとんどで多くは木で作られ、ダイニングの家具やサロンの椅子などとも違和感なくとけこみ、時には天板がおおきくなるような仕掛けが施されたものもありました。
現代の生活様式ではその名の通りお茶用に、キッチンのワゴンとして、ダイニングのサイドテーブルとして、そして動く棚としてプライベートルームの収納にも便利にお使いいただけるアイテムです。

お買い物はこちら 「ティートローリー」の商品一覧ページへ

ティートローリーの種類

ティートローリー 四角い天板のもの

四角い天板のもの

ティートローリー 丸い天板のもの

丸い天板のもの

ティートローリー 天板が広げられるもの

天板が広げられるもの

ティートローリーの選ぶポイント

天板の形や棚の数など、様々なものがあるので、お好みのデザインのものをお選びください。
料理を運ぶワゴンとして使うのであれば、実際に店舗で動かしてみることをお勧めします。

ティートローリーの使い方

トローリーとは料理やティーセットを運ぶためのワゴンですが、デスクの脇においてお仕事のためのキャスターワゴン、キッチンでサイドテーブル、フラワースタンド(花台)としても便利にご利用いただけます。もちろん、料理を運ぶワゴンとしても使用できます。リビングでもキッチンでも大活躍なのがこのティートローリーです。

修理のポイント

料理などを運ぶためのティートローリーは、フレーム構造になっていて、移動する際に歪みやグラつきが出やすくなります。ケントアンティーク家具ではそれを補うために補強を入れたり、動きをスムーズにするためにキャスターを交換したりするなど、使うことを目的とした実際の稼動にも耐えうる修理をしております。
置いてあるときには何も問題が無かったティートローリーも動かしたときに不具合が出るケースもあるので、ケントアンティーク家具ではそこのところを特に注意して修理しております。

お手入れ方法

ティートローリーはテーブルと同じで基本的なお手入れはワックスとなります。
特に天板はダイニングテーブルと同じくらい使用する部分ですのでこまめなワックス掛けが塗装面の保護に繋がります。
アンティーク家具の塗装は熱や水に弱いため、ポットや紅茶を乗せる際はクロスなどを敷くことをお勧めします。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「ティートローリー」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー

厳選されたアンティーク家具

ケントはなぜ静岡で誕生?

MORE

MORE

MORE