アンティークのミラーがこだわりの空間を映し出します

アンティークミラーとは?

身なりを整える為、また、昔は窓が小さく家の中に多くの光を取り込めなかったため、ミラーに反射させてより多くの明かりを部屋に取り込んでいました。

▶ ミラーを今すぐショッピング

アンティークミラー

アンティークミラーの物語

鏡そのものの歴史をたどると、それは人類の誕生とほぼ同時、水鏡から始まります。身なりが気になる人間だからこそ、鏡は機能的には1835年にドイツの科学者ユストゥス・フォン・リービッヒが硝酸銀溶液を使って銀をガラス面に付着させる方法を生み出しました時点で完成されたと言ってよいでしょう。しかしその長い歴史の中でイギリスアンティークのフレームワークは家具と同様美しいデザインを生み出しました。

お買い物はこちら 「ミラー」の商品一覧ページへ

アンティークミラーの種類

アンティークミラー アンティークミラー

フレームが木製のもの・真鍮製のものなどがあり、フレームの素材一つで空間の雰囲気がガラリとかわります。
また、彫刻の様式やミラーの形、円形・楕円形・四角など、小さなポイント一つで表情が変わります。

アンティークミラーの選ぶポイント

ホテルライクな洗面所であれば、ブラス製のフレームのものをあわせたり、部屋の壁に立て掛け式のものを置いたりするとオシャレにまとまります。

アンティークミラーの使い方

壁掛け式のものであれば、トイレやサニタリーなどに。立て掛け式や脚付きのものはベッドルームから玄関まで幅広くお使いいただけます。
スタンド式のものはチェストやテーブルに乗せてドレッシング用に。
アパレルの店舗には、もちろん必要不可欠なこのミラー。アンティークにしかない風合いのミラーを飾って、空間を演出してください。
鏡には、映すことにより空間を広く見せる効果もあります。

ケントの修理ポイント

ミラー部分に関しては、使用に支障がない状態のものは取り替えずそのままの状態で販売しております。これは、アンティーク本来の風合いを大切にしたい思いがあるからです。
アンティークのミラーは現代のミラーと比べ、厚みが倍くらいあります。
それくらい分厚く出来ているから周りのカットもとってもキレイで何十年経っても濁ることなく綺麗に映してくれます。

お手入れ方法

鏡のメンテナンス

普通のガラスクリーナーでお手入れしてかまいません。しかし、化学薬品を使用する場合は木材の部分に付着しないように気をつけて行ってください。
お手入れをする際は、鏡に直接吹きかけるのではなく、いったん布にとり、鏡を磨いていただくと木材に付着する恐れがありません。また最後に乾拭きをしっかりすることをオススメします。
木製のフレームのもであれば、定期的にワックス掛けをしてください。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「ミラー」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE