Antique Furniture

重厚な書斎を演出するアンティークのデスク。店舗のレセプションデスクとしても華やかにお客様をお出迎えできます

デスクとは?

アンティークのデスクは、非常に重厚なイメージと供に華麗なる雰囲気を演出してくれます。
デスクトップにレザーが張ってあるタイプや、その家具が持つ歴史の物語性を醸し出す無垢の天板タイプなどお好みでどうぞ。

▶ デスクを今すぐショッピング

デスク

デスクの物語

ライティングデスク(書記用机)は17世紀中期以前のイギリスではきわめて少なく、王政復古後になるとかなりの数が出回るようになったようです。
始めはただ甲板が傾斜した机だったものから発展したもので、これが後にビューロー(引き出し付き書台)となります。
それに続き、18世紀始めのクイーンアン時代に、小さな机の両側にドロワー(引き出し)がついているニーホールデスクが登場します。
18世紀後半には、長方形のシンプルなデザインで、2つ引き出しが付いた実用的な、ライティングデスクが主流となります。

お買い物はこちら 「デスク」の商品一覧ページへ

デスクの種類

デスク スクールデスク

スクールデスク

デスク 引き出し付きのもの

引き出し付きのもの

デスク ニーホールデスク(両袖机)

ニーホールデスク(両袖机)

デスク ロールトップデスク

ロールトップデスク

デスクを選ぶポイント

簡易的なデスクだけのものから、引き出しが沢山ついているものなど、デスクにも様々な種類があります。スペースに合ったものを選ぶのはもちろんのこと、デスクの使用用途に合わせて収納部分の使い方を考えておくのもポイントです。

デスクの使い方

アンティークのデスクは、非常に重厚なイメージと供に華麗なる雰囲気を演出してくれます。
デスクトップにレザーが張ってあるタイプや、その家具が持つ歴史の物語性を醸し出す無垢の天板タイプなどお好みでどうぞ。
書斎のデスクとしてはもちろん、レセプションデスクや店舗什器にもお使いいただけます。
パソコンデスクとしてモダンにつかうのもありです。

ケントの修理ポイント

アンティークのデスクは現代の家具のように引き出しにレールが付いているわけではありません。
修理がきちんとされているかされていないかで、引き出しの使い勝手に大きく影響が出ます。
ケントアンティーク家具では特にこの引き出しの具合を注意した修理を行い、ストレスのない使い心地を実現しています。
また、大きな特徴としてレザートップは全て英国より輸入した伝統的なレザーを貼っています。
このレザーはイギリスでも数少ない職人が、その家具のサイズ、雰囲気にあったものをオリジナルで製作しています。
レザーをここまでこだわって修理するのは、アンティークショップでも数少ないと思われます。

お手入れ方法

テーブル天板のお手入れ

テーブルの基本的なお手入れはワックスとなります。
特に天板を使用する家具となりますので、こまめなワックスがけは塗装面の耐久性を高める効果があります。
日常的には乾拭きをお勧めしますが、食べこぼしなどで水拭きをする際には、固く絞って水分が家具表面に残らないように気をつけてください。
水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための塗装を施しています。現代家具のようなウレタン塗装ではありませんので、水や熱いものを直接天板の上に乗せると塗装をいためる原因となり、シミや跡が残る場合がありますので、ランチョンマットなどをご使用することを推奨します。ただし天板の全面を覆うようなビニールクロスは木の呼吸を止め、湿気が溜まり逆に塗装面を傷める原因となりますのでご使用を控えてください。
布製のテーブルクロスかランチョンマットをお勧めします。ケントアンティーク家具では水や熱いものを直接天板の上に乗せた時にできる、コップの輪ジミや白くついたシミを取り除く「ファニチャークリーナー」という商品も取り扱っていります。シミがつくケースには様々な背景がありますので一概に、全てのシミに対応しているわけではありませんが、応急処置としてこちらを使用することもできます。

レザー部分がある場合

レザークリーナー等で拭き上げると、レザーの発色が良くなるとともに、レザーの割れを防げます。

取っ手部分のメンテナンス

使用していると色抜けするケースがあるます。その場合はスクラッチカバーやポリッシュを使用して補修してあげれば取っ手全体がきれいになり、目立たなくなります。

金具部分のメンテナンス

乾拭きで十分です。古い金具が使われていることがありますので、取り扱いには注意してください。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「デスク」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE