古い歴史を持つチェストは、アンティーク家具の歴史そのものといえます

チェストとは?

チェストとは、もとは蝶番で蓋を取り付けた箱のことを指しましたが、現在では引き出しつきの箱物収納家具、整理箪笥のことを指すことが多いようです。チェストオブドロワーズの略称でもある。

▶ チェストを今すぐショッピング

チェスト

チェストの物語

その原形は古くから見られるチェストと呼ばれる蓋付きの箱型の家具で現在ではブランケットボックスと呼ばれる家具とほぼ同じです。
収納以外にも様々な用途に使われたのですが、物をしまうと一番下の物が取り出しにくく、その欠点を補うために16世紀の終わりから17世紀の始めにかけ登場した引き出しの機能を一番下につけ、その上にチェストを乗っけた形のミュールチェストがつくられました。
ミュールチェストは、結局上部のチェスト部分の一番下は物が取りにくく、18世紀中頃より、全ての部分が引出しになったものが普及しました。英国ではチェストオブドロワーズとも言います。
前身のチェストは17世紀以降殆ど作られることはなく、近代に入り前述したブランケットボックス等の用途でリプロダクションされました。

お買い物はこちら 「チェスト」の商品一覧ページへ

チェストの種類

チェスト 四角い脚のもの

四角い脚のもの

チェスト 猫脚のもの

猫脚のもの

チェスト 横長タイプ

横長タイプ

チェスト 縦長タイプ

縦長タイプ

チェストを選ぶポイント

中に入れるものの量によってサイズをお選びください。省スペースで沢山の容量が必要な場合は縦に長いタイプのチェストがお勧めです。また、天板に置くものを考えながら選ぶのもポイントです。

チェストの使い方

小ぶりながら収納性は充分で、リビングやベッドルーム、書斎やエントランスなど様々な場所でお役に立てます。
天板にはものを置けますので、アンティークならではのディスプレイが楽しめます。

ケントの修理ポイント

チェストは引き出しが多く、木そのものの特徴を生かして作られた家具のため、木が経年変化している場合があります。特に引き出しなど、機能を伴う部分に関しては調整修理をきちんとしないと、使用上引き出しにくくなる場合があります。ケントアンティーク家具では、ただ調整をするだけではなく、必要に応じて木が痩せた部分に木を継ぎ足したり、ゆがみを直したり、すべりをよくするために削ったりと、あらゆる修理方法を行い、アンティーク家具だからといって使い心地に妥協はしません。

お手入れ方法

木部のお手入れ

日常的には乾拭きをお勧めします。
水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをするこ とをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。

木部のお手入れ(ウォールナット・マホガニー)

マホガニーやウォールナットはオーク材のものに比べてもともとつやがあるので乾拭きでつやは保たれます。
ワックス掛けをする際は、少量のワックスを薄く延ばして使用してください。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。

取っ手の部分のメンテナンス

使用していると色抜けするケースがあるます。その場合はスクラッチカバーやポリッシュを使用して補修してあげれば取っ手全体がきれいになり、目立たなくなります。

金具部分のメンテナンス

乾拭きで十分です。古い金具が使われていることがありますので、取り扱いには注意してください。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「チェスト」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー

厳選されたアンティーク家具

ケントはなぜ静岡で誕生?

MORE

MORE

MORE