Antique Furniture

奥行きの狭いこの家具は、現代家具にはない機能と魅力を持っています

ブックケースとは?

一般的には、ガラス扉のついた書棚をブックケースと呼ぶようです。
アンティークのブックケースは、奥行きが30cm前後と薄いものが多く、部屋のスペースを有効利用するのに適した家具です。

▶ ブックケースを今すぐショッピング

ブックケース

ブックケースの物語

14世紀~15世紀の英国ではまだまだ王権の確立が整わず荘園領主同士の小競り合いや、フランスとの百年戦争、バラ戦争等が起こり情勢は不安定でした。
そのような中、貴重な書物、文献の多くは教会や各大学の図書館、宮殿などに保管され、一般の人々が普通に手にするには至っていませんでした。ですから本来ブックケースとは図書館などにある壁に備え付けの大型の本棚のことを指しました。
17世紀に入り政情が安定し、文化、生活レベルも向上し書籍が一般にも流通し始めるようになり、小振りな書棚や扉付きの本棚が作られるようになりました。
18世紀に入り大型のガラス扉をもつ、建築の装飾を取り入れたブックケースが作られ、以後様々な形態のブックケースが登場し、現在に至っています。

お買い物はこちら 「ブックケース」の商品一覧ページへ

ブックケースの種類

ブックケース ブックシェルフ

ブックシェルフ

ブックケース 低い ブックケース 高い

ブックケース 高さ2種

ブックケース スタッキングブックケース

スタッキングブックケース

ブックケースを選ぶポイント

本の量に合わせて大きさを選ぶのが良いでしょう。本の背表紙のデザインが素敵なものは、ブックシェルフを選ぶと本を並べたときの見栄えも良くなります。
大切な本をしまう場合には扉つきのブックケースをお勧めします。
スタッキングブックケースの特徴としては、スタッキングによる組み合わせが楽しめるので、部屋の間取りに応じて形を変えることが出来ます。また、ファッション性にも優れているので、店舗什器として選ばれるお客様も多いです。

ブックケースの使い方

ブックケースの中には多くのものが収納できます。
お気に入りの本を並べる他に、食器、家族の写真や趣味の収集物を置いてコレクションケースとして使うなど、本を置く以外にも様々な楽しみ方ができます。また、店舗什器としても充分にご利用いただけます。

ケントアンティーク家具の修理ポイント

基本的な木工塗装修理は、ケントクオリティーにもとづいて施されます。
棚受けのパーツなどアンティークらしい特殊なものを使用しているものがありますので、それらのパーツも英国から直輸入し、ディティールこだわって修理しています。
また、スタッキングブックケースは特別な金具を使っているものがありますので、それらのパーツも極力イギリスから取り寄せ、オリジナルの風合いを残すように修理しています。

お手入れ方法

木部のお手入れ

日常的には乾拭きをお勧めします。
水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをするこ とをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。

ガラス部分のメンテナンス

普通のガラスクリーナーでお手入れしてかまいません。しかし、化学薬品を使用する場合は木材の部分に付着しないように気をつけて行ってください。
お手入れをする際は、ガラスに直接吹きかけるのではなく、いったん布にとり、ガラスを磨いていただくと木材に付着する恐れがありません。また最後に乾拭きをしっかりすることをオススメします。

取っ手の部分のメンテナンス

使用していると色抜けするケースがあるます。その場合はスクラッチカバーやポリッシュを使用して補修してあげれば取っ手全体がきれいになり、目立たなくなります。

金具部分のメンテナンス

乾拭きで十分です。古い金具が使われていることがありますので、取り扱いには注意してください。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「ブックケース」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE