1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. サイドボード – 食堂用の食器戸棚

装飾的でありながらも実用的なサイドボード。部屋を演出しながら、溢れる小物たちに居場所を与える収納とディスプレイを兼ね備えた家具

サイドボードとは?

皿,フォーク,スプーンなどを収納する戸棚や,引出しを備えた食器戸棚のこと。配膳の際のサービング・テーブル(Serving Table)の機能を兼ねた食堂用の家具です。

▶ サイドボードを今すぐショッピング

サイドボード

サイドボードの物語

その原形は15世紀後半からみられるサイドテーブルです。様々なタイプが各時代を通してみられますが基本的には壁付けのテーブルでホール、居間、食堂に置かれ、食事のサービング用として使用されたり、壁掛けの鏡と二対のトーチ(燭台)と共に置かれたりしました。その置き場所や用途によってピアーテーブルなどと名称が変わったり、サイドボード以外のコンソールテーブルなどに派生していく物もありました。17世紀中頃に入り、サイドカボードとも呼ばれ始め、その名称はコートカップボードやドレッサーなどにも使われました。その後上部にカトラリーを収納するための壺型の容器がのった二対のペディスタルとワインクーラーと一緒に置かれ、ペディスタルサイドボードと呼ばれるようになりました。18世紀中頃になり別々ではなくサイドテーブル自体に収納の機能をもたせ、シェラトンに代表されるようなサーペンタインフロントサイドボードやボウフロントサイドボードとなり現在の形状に近い形となってきました。ビクトリアン期の豪奢なサイドボードを経て現在の形になっています。バフェはサイドボードと同義語。

お買い物はこちら 「サイドボード」の商品一覧ページへ

サイドボードの種類

サイドボード シンプルタイプ

シンプルタイプのサイドボード

ボックス状にできた収納力たっぷりの定番タイプ。食器類が多い日本の家庭にはぴったりのサイドボードです。

サイドボード 脚長タイプ

脚長タイプのサイドボード

シンプルなサイドボードに比べると収納力に劣るものの、脚が長い分インテリア性は非常に高く、いろいろな用途に使用できます。
サイドボードのサーフェイスに花を飾ったり、オーディオ機器を置いたりとお客様次第で何通りもの使い方ができます。

サイドボード コートカップボード

コートカップボード

16世紀中頃に広まったスタンド式食器棚。コートとはフランス語の「小さい」の意味に由来すると言われています。 重厚感たっぷりなので、ちょっと高貴な気分の味わえるサイドボードです。

サイドボードの選ぶポイント

部屋の大きさに合わせてサイズを優先することが多いと思いますが、扉を開けたり引き出しを引いたりすると隠し収納や引き出しがあったりと、昔ながらの機能を発見することがあります。これもまた、サイドボードを選ぶ楽しみの一つといえるでしょう。
収納力を重視する方は脚が短めで、扉が大きいものを選ばれると重宝します。
デザイン性を重視される方は、脚の長いものを選ばれれば、重圧感の少ないすっきりな、そしてエレガントな雰囲気を楽しむことができます。

サイドボードの使い方

本来の使い方と同じように、カトラリーやキャンドル、食器など様々なものを収納できるサービステーブルとしてご使用頂けます。
また、好みに合わせてディスプレイ兼、収納棚として使いいただけます。

ケントの修理ポイント

ケントアンティーク家具では家具全体のワックス掛けや、傷の修復はもちろんのこと、引き出し、扉などの稼動部分にも細心の注意を払って調整させていただいております。
取っ手部分などはアンティークの表情を壊さないように英国より直輸入した金具を使用しており、金具を取り付けるねじに関しても輸入したマイナスねじを使用するほどのこだわりを持って修理しております。

お手入れ方法

木部のお手入れ(ウォールナット・マホガニー)

マホガニーやウォールナットはオーク材のものに比べてもともとつやがあるので乾拭きでつやは保たれます。
ワックス掛けをする際は、少量のワックスを薄く延ばして使用してください。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための塗装を施しています。

引き出し部分

すべりが悪く感じられたらアンティーク専用のロウを塗ってください。

金具部分

乾拭きで十分です。古い金具が使われていることがありますので、取り扱いには注意してください。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「サイドボード」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE