1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. チャーチチェア – 教会で使用されていたカワイイチェア

Church Chair

チャーチチェアとは?
教会の礼拝堂で使用されていた椅子。背もたれに十字の模様が彫られていたりします。背中のポケットは聖書を収納するためのものです。座面の部分も木で出できているのですが、教会で長時間座っていられるように「座繰り」と呼ばれている施しをしています。

History of Church Chair

チャーチチェアの物語

Explanation 解説

1860年以前、多くの教会や大聖堂で、チャーチチェアというものは存在しました。その当時、教会や大聖堂の経営は難しく、チャーチチェアを新たに購入したり、修復するようなお金はあまりありませんでした。そのため、多くの礼拝者は立ちながら集会に出席していました。

17-19世紀の教会では、主要通路に面した椅子は指定席で、使用料を払わなくてはいけませんでした。そのため、あまり裕福でない礼拝者たちは教会の隅の方で立ちながら集会に参加している状況でした。
1870年代の後半になると、礼拝堂の椅子や信徒席の状況は変わり始めます。社会的な地位に対する障害が徐々に消え、より大きくの一般庶民が教会の集会に参加するようになりました。

ほとんどのチャーチチェアは礼拝堂の雰囲気を損なうことのない様、またコスト面からも、同じサイズ、素材、形に統一されていました。
当時よく使われていた木材は、ニレ、ブナ、アメリカンアッシュ、カシなどで、専門のブローカーによって売買されていたと言われています。

チャーチチェアの歴史において、質の良い椅子が製造された土地として、イギリスがとても有名です。1930年ごろのイギリスでは多くの椅子職人が存在し、質の高い教会用の椅子が大量に製造されました。

現代においては、礼拝者の人数が激減しているため、多くの教会が(特に地方の教会)が経営困難に陥っており、閉鎖を余儀なくするところもすくなくありません。そのため、不必要になったチャーチチェアはアンティーク家具として、市場に出回っているといわれています。

The kinds of Church Chair

チャーチチェアの種類

  • シンプルバックチャーチチェア

    シンプルバックチャーチチェア
    背もたれ部分に一本横に背貫が入っているとてもシンプルなチャーチチェア。飽きの来ない定番のチャーチチェアです。

  • ボックス付きシンプルバックチャーチチェア

    ボックス付きシンプルバックチャーチチェア
    シンプルバックのチャーチチェアにボックスが背面に付いたタイプのチャーチチェア。本来は聖書を入れるボックスだが、アイディア次第でいろいろな用途に使用できます。

  • 縦に3本の背板があるチャーチチェア

    縦に3本の背板があるチャーチチェア
    横に1本の背貫と縦に3本の背板があるタイプのチャーチチェアです。こちらも定番中の定番で、とても人気のあるシンプルなチャーチチェアです。

  • 3本の背板にボックスが付いたタイプ

    3本の背板にボックスが付いたタイプ
    縦に3本の背板があるチャーチチェアの背面にボックスが付いたタイプのチャーチチェアです。ボックス付きシンプルバックと同様、アイディア次第で機能的活オシャレに使用できます。

  • クロスバックチャーチチェア
    十字架の形が背板にくり貫かれているタイプのチャーチチェア。見た目にもチャーチチェアだとすぐにわかるので、可愛らしく女性に大人気のチェアです。

  • クロスバックチャーチチェア
    背もたれ部分中央にクロスの彫が入ったタイプのチャーチチェアです。背もたれ部分が一つになっており、木のぬくもりをより一層楽しむことができるチャーチチェアとなっています。

  • フレンチチャーチチェア
    フランスの教会で使用されていたチャーチチェア。イギリスのものに比べて背もたれの高さが高く、座面高が低いという特徴があります。また、座面は取り外し可能で、好きなファブリックに張りかえることもできます。

  • その他のチャーチチェア
    その他にもいろいろなタイプのチャーチチェアがあります。三つ葉のクローバーのような穴が空いた背もたれをもつものや、3つの山のような形に削られたものなど数多く存在します。

お買い物はこちら 「チャーチチェア」の商品一覧ページへ

Key points of choosing a Church Chair

チャーチチェアの選ぶポイントとは

チャーチチェアの選ぶポイントとは?

チャーチチェアを選ぶポイントのひとつとしてあげられるのが、ぐらつきがどれだけないかという点です。用途、また構造上とても丈夫に製造されていますが、年代が経つに連れどうしても若干の不安定さが出きます。修理段階においてそれが最小限に抑えられているかしっかり確認する必要があります。また、背もたれ部分の背面には聖書をおくポケットが備わっているものもあります。実際にどのように使用するかあらかじめ考えておいても良いでしょう。
また、オークのムクでできているフレームのものはとても希少価値があるので、選ぶポイントの一つとしてもいいかもしれません。

How to use bentwood chair

チャーチチェアの活用術

ダイニングチェアとして使用されてもいいですし、また、カフェなどでご利用になられても魅力的なアクセントとなります。

チャーチチェアの活用術例

水準機による水平調整

海外での水平基準はとてもあいまいなものです。日本のお客様のために日本の厳しい水平基準に従って、国内の自社工場で厳密な水平調整を行っています。

ぐらつき・ガタツキ補修

ほとんどのアンティークチャーチチェアはぐらつき・ガタツキがありそのままでは安心して使用できません。ケントではビスで補強することにより、安全性を提供しています。

英国仕込みの仕上げ

イギリス皇室御用達のマイランズ社製塗料を使用し、最後の仕上げをしております。アンティーク本来の魅力を損なうことなく自然で美しい仕上がりを心がけています。

当時の英国住宅と日本住宅の床に対する水平基準は同じとはいえません。ケントアンティーク家具では日本のお客様に満足していただくために、ぐらつきを抑え、椅子の強度を上げる為に構造部分をビスで補強しています。ぐらつきが少なく、長く愛用していただけるよう調整させていただいております。

How to do maintenance

チャーチチェアのお手入れ方法

日常的なお手入れ

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

水拭き後や冷暖房の効いたお部屋では木部が乾燥しがちです。月に一度はワックス掛けをして木に潤いとコーティングをしてあげましょう。

月1回のメンテナンス

日常的には乾拭きをお勧めします。 水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。 ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。 アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための塗装を施しています。

お買い物はこちら 「チャーチチェア」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
店舗案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら