1. TOP>
  2. アンティーク家具修理 - ケントにお任せください>
  3. Re:style リスタイル – ケントのオススメアンティーク家具リメイク
Re:style リスタイル ケントオススメリメイクスタイル

Re:style antique furniture

リスタイル アンティーク家具

Re:スタイルアンティーク

自分好みに家具のスタイリングを楽しむのもアンティーク家具の魅力です。塗装を剥がすことで木の質感を露出したり、ワイルドにダメージ加工を施したり、好みの色で塗装してカラーコーディネートしたり、お気に入りのファブリックを椅子に張ったりして楽しむことが出来ます。自由な発想で素材と加工をクリエイトし、バリエーション豊かに家具の表情をつく楽しみを与えてくれるアンティークに魅了される方も大勢います。 ケントではアンティーク家具の楽しみ方を自由な発想でRe:スタイリングし可能性を広げていきます。

Re:style リスタイルイメージ

Colours of LONDON

映画「ハリーポッター」をはじめ、多くの舞台装飾に使用されるマイランズ社の「Colours of London」ペイント。大理石をパウダーにしたものを塗料に混ぜて強度を増し独特のマット感を表現するなど、その独創性が英国のインテリアデザイナーたちから高く評価されています。
130種類以上のロンドンにちなんだカラーでアンティーク家具をコーティングするスタイル。

Stripped Style

木が呼吸する塗装で仕上げられたアンティーク家具は木材の経年変化が楽しめます。古い塗装をストリップ(剥離)することで新材には決して無い表情豊かなナチュラル感と素朴感のある仕上がりとなります。それは、パティナと呼ばれるアンティークならではの傷や、繊細に作り上げられた彫り部分に完全に落としきれない古い塗料が残り、家具に濃淡の表情を現わせるからです。
木の持つ本来の顔とアンティークならではの味わいを楽しむことができ、またこれらかの木材の経年変化を暮らしを通して感じることのできるスタイルとなっています。

Artistic Style

家具をキャンバスに見立て、アーティスト気分で個性的に仕上げるスタイル。描くモチーフは思うままに、あなただけのオリジナルアーティスティックアンティーク家具を手に入れることができます。 伝統的なアンティークのフォルムに前提的で斬新なデザインを融合させることにより、既製品では表現できない独創性と革新性をもたらします。
この歴史あるアンティーク家具と前衛的なデザインとの組み合わせは英国ロンドンでも若者を中心にとても人気があり、レストランやコーヒーショップ、アパレル関連のストア、ホテル等でよく見かけるスタイルとなっています。

Collabo Style

キャスキッドソンやハリスツイード、ウィリアムモリス、タータンチェック、ユニオンジャックなどなどお好みのファブリックをチョイスして自分だけのオリジナルアイテムを創造することができます。また、同じファブリックや色違いのものをアイテムごとに使い分ければ統一感のあるトータルコーデが楽しめます。
お気に入りの柄や思い出のファブリックを用いて、ホームファッションとしてのインテリアをより一層おしゃれに楽しくしてくれるスタイルとなっています。

Shabby Chic Style

シャビーシックとは、デザイナーレイチェルアシュウェル(Rachel Ashwell)が提唱し始めたスタイルで、長年使い込んで付いたパティナ(傷)のあるアンティーク家具やペンキが剥がれかけているようなビンテージアイテムと、上品な花柄やフリルのファブリックなどをミックスさせ、クラシックでちょっぴりガーリーなイメージを彷彿させるインテリアスタイルの事をいいます。
ホワイト、ピンク、イエロー、ブルーなどのパステル調のカラーを軸にストリップドした天板や脚、マーブルのトップなどと組み合わせることによって、これまでにない創造性豊かで女性らしいスタイルに仕上ることができます。

Re:model Style

Re:modelスタイルとは、これまで使用されていた用途、使い勝手やサイズをリメイクしてより機能的で便利なアンティーク家具にすることをいいます。
くたびれたレザートップの天板を思い切ってガラス天板にしたり、ほとんど使用しなくなったドレッシングチェストのミラー部分を取り外し、使い勝手の良いチェストに変身させるなど、お客様それぞれのニーズにあったフォルムにリモデリングいたします。

Modern Style

モダンスタイルとは、英国製アンティーク塗料を限りなくブラックに近づけた奥行と深み、味わいのあるモダンブラックを塗装し、シックで高級感のあるスタイルに仕上る事をいいます。
全体にモダンブラックを塗装し、シンプルで近代的なスタイルにすることもできますし、一色ブラックと相性のいいカラーをアクセントとしてチョイスし、個性のあるモダンスタイルに仕上ることもできます。
また、お気に入りのファブリックや小物を合わせることで落ち着いたモダンスタイルでありながら、独創性のあるアーティスティックな雰囲気を出すことも可能です。