1. TOP>
  2. アンティーク家具修理 - ケントにお任せください>
  3. アンティーク家具修理のビフォーアフター
ケント修理のビフォアー・アフター KENT Before & After

KENT Before & After

ケント修理のビフォアー・アフター

ケントアンティーク家具で修理・修復された家具のビフォアー・アフターをご紹介いたします。剥離、木工、塗装まで全て一貫してケントの工場で行っておりますので作業に無駄がなく、綺麗な仕上がりとなっております。実際に修理・修復されよみがえったアンティーク家具をご覧になりたい方はお近くのケントショップにお越しください。

Examples of Our Restoration

ケント修理実例

Drawleaf Table

〈商品の特徴、本質〉


・天板無垢のため、木の伸縮を手助けする為の隙間を板と板の間に設けてある。


〈長く使っていく為の修理方法、工夫〉


・脚に補強材を入れ、グラつきにくくしている。
・古いニカワで接着されているので、強度の必要な箇所はバラして再接着する。(全共通)
・乾燥や湿度に弱くデリケートな性質の為、定期的にワックスを掛けるなどのケアを。必要に応じてウレタン仕上げにも対応。


〈修理過程で心掛けている点〉


・リーフの滑り、天板、リーフの水平調整
・塗りムラの無い様、均一に仕上げ、木目を活かした仕上げを心がけている。


Bentwood Chair

〈商品の特徴、本質〉


・構造上揺れやすい


〈長く使っていく為の修理方法、工夫〉


・後ろ脚と座面フレームを留めるボルトを締める時、スプリングワッシャーを入れてナットの緩みを防いでいる。
・乾燥や湿度に弱くデリケートな性質の為、定期的にワックスを掛けるなどのケアを。


〈修理過程で心掛けている点〉


・脚4本を繋いでいるリングを留めるビスは、見えるところなのでマイナスビスを使用する。
・塗りムラの無い様、均一な仕上げを心がけている。


Display Cabinet

〈商品の特徴、本質〉


・デザイン的な要素が多く、象嵌が施されていたり突き板を使用したりしているものが多い。
・アンティークのガラスには気泡が入っているものもある。


〈長く使っていく為の修理方法、工夫〉


・扉調整をした際、鍵をかけないと扉が開いてしまうことがある為、マグネットキャッチとスモールノブを付け、使用しやすい形に
・乾燥や湿度に弱くデリケートな性質の為、定期的にワックスを掛けるなどのケアを。


〈修理過程で心掛けている点〉


・扉調整、鍵調整、垂直調整
・塗りムラの無い様、均一に仕上げ、象嵌や木目を活かした仕上げを心がけている。
・ガラスが割れている場合は交換し、内側の生地は清潔感のある白に張替え。塗装の色等に応じて別の色の張り地にも対応。


Armed Sofa

〈張替え内容〉


黒の合皮に張り替えました。背はボタン止めにし、エレガントさと高級感を出しました。連続ビョウで仕上ています。


〈塗装〉


黒の合皮にあわせフレーム部分全てに黒のペイントを施しました。オリジナルとは違いシックでコンテンポラリーなデザインになりました。