1. TOP>
  2. 商品紹介トップ>
  3. ケントセレクション ケントハッピーアイテム+Plus>
  4. ロバーツラジオ Roberts Radio

Roberts Radio

ロバーツラジオ

ハンドバッグのようにどこへでも持ち運べるレトロなラジオ – ロバーツラジオ
ロバーツラジオは2人の英国の若者、Harry Toberts氏とLeslie Bidmead氏によって創設されました。研究、生産、販売を二人三脚で行い大成功を収した。彼らのラジオはお客様の要求に応えるべく一台一台丁寧に製造され、多くの方に親しまれてきました。
こちらのロバーツラジオ「R250」は1950年代に「揺れるラジオ(Swing Radio)」の愛称で大ヒットした「R200」の復刻モデルで、ハンドバッグのようにハンドルが付いています。単1乾電池4本を入れれば公園や野外に持ち運んでラジオを聴くことができます。一日平均4時間ずつ標準的な音量で再生した場合でも約170時間使用可能です。また、ACアダプター(別売り)を接続することもできます。 電源が入っているときは常にディスプレイパネルにバックライトが点きますので暗いところでも操作可能。
ラジオとしての性能もさることながら、インテリアとしてもご利用になれるこちらのロバーツラジオ。是非あなたのインテリアコレクションに加えてください。

Roberts Radio Collection

Roberts Radio Brand History

ロバーツラジオ ブランドの歴史

ハリスロバーツ Harry Roberts

ロバーツラジオは二人の英国の若者、Harry Roberts氏とLeslie Bidmead氏によって創設されました。Leslie Bidmead氏は幼少の頃からラジオに興味がありラジオの構造の知識に長けた人物でした。 研究、生産、販売を二人三脚で行い、ロンドンにあるハロッズのピアノ売場が彼らにとって初めての舞台となり、大成功を収めたのです。その頃から彼らはお客様の要求に応えるべく一台一台ロバーツラジオのオーナーのために特注のラジオを製作しました。1週間に2台、3台、そして8台・・・と注文は名声を得ると同時に増え続け、昼夜構わず家族総出で生産に取り組みました。
ロバーツ社の代表的なモデル「R250」は1950年代に「揺れるラジオ(Swing Radio)」の愛称で大ヒットした「R200」の復刻モデルです。

ロバーツラジオ当時の写真
当時のロバーツラジオ

Royal Warrant

ロイヤルワラント

ロイヤルワラントとは、英国王室の御用達であることを認定する証明のこと。
同社では1955年、London Gazette紙でクィーンエリザベス2世のラジオメーカーと紹介されたのです。そして現在では2つのロイヤルワラントをエリザベス女王、チャールズ皇太子をれぞれから授かっています。最高級の材質と音質で名声を得た今も、職人、また、優れたエンジニアによって手作りを徹底しています。

エリザベス2世の紋章

エリザベス2世の紋章

ウェールズ公チャールズ(プリンス・オブ・ウェールズ)の紋章

ウェールズ公チャールズ(プリンス・オブ・ウェールズ)の紋章

ロバーツ社80周年記念式典の写真

ロバーツ社80周年記念式典にて

Details of Robert Radio R250

ロバーツラジオ R250 詳細

R250リアルレザー グリーン

※画像は、R250リアルレザー グリーン(バックライト付き ゴールドパネルモデル)

コントロールパネル

コントロールパネルの外観は英国使用のままで当時のモデルを再現

「Roberts社」のエンブレム

全面には「Roberts社」のエンブレム

ACアダプター

別売のACアダプターでもご視聴可能

シリアルナンバー

蓋裏側に一台一台記載されたシリアルナンバーは、ハンドメイドで品質管理された証