1. TOP>
  2. イベント>
  3. ケントアンティークスと資生堂が工藝品でコラボレーション -工藝を我らに->
  4. 工藝を我らに 2015
KENT ANTIQUES x Shiseido

ケントアンティークスと資生堂が工藝品でコラボレーション

今回新作を発表された5名の工藝作家と既に収蔵されている作品の作家の中でも、富本憲吉氏、濱田庄司氏は、
英国のウィリアムモリスの工藝思想に影響を強く受け、柳宋悦氏らと民藝運動の推進を行った人物たち。
ケントもその時代を愛し、英国アンティーク家具という工藝品をご紹介しています。
時代を超えた普遍的で寂びない物は、国を越えて融合し、一瞬の喜びだけではなく、
一生の豊かさを与えてくれるということを、この展示会を通じて共感して頂ければ幸いです。

日常に花を

濱田庄司氏の《柿釉白掛手付瓶》に野花を投げ入れてみました。ピッチャーとして作られたものと思われますが、民藝作家の濱田氏の作品らしく、花を生けると瓶はひときわ引き立ちました。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照


オーケージョナルテーブル
「オケージョナル」とは「何にでも使える」「場合に応じて」というような意味で使われています。デザインも幅広くあり、いろいろな空間に合わせることができ、また様々な用途に使えるのがこのテーブルの特徴です。
「オケージョナルテーブル」という言葉が使い始められたのは19世紀初頭。イギリスの家具デザイナー、トーマス・シェラトンの「THE CABINET DICTIONARY」 にそのイラストと用語が使用されています。 隠し引き出しがあったり、仕掛けがるものも数多く見られますが、こちらの1930年代イギリスで製作されたオケージョナルテーブルはとてもシンプルで素朴。花器や瓶、置物などの民藝品を飾るのにとても適しています。


こちらのオケージョナルテーブルご成約済みです。ありがとうございました。

その他のオケージョナルテーブルはこちら

書斎

今は昔の書斎のイメージかもしれません。和紙の便箋に封筒、煎茶のお手前に使う桑の一文字盆を筆皿に、紫檀の莨盆は状差しを兼ねた小物入れとして使いました。ここでの華は小椋範彦氏の《蒔絵蔦文香合》でしょう。中には切手が入っています。文鎮代わりに、スイスで作られた黒檀の胡桃割り(ナットロッカー)を使いました。白蝶貝の柄のレターオープナーは1895年のイギリス、シェフィールド製です。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照


ビューローブックケース
19世紀ウィリアム・モリス(デザイナー・思想家)を中心に、イギリスをはじめヨーロッパで巻き起こったアーツアンドクラフツ運動。産業革命後、物の大量生産により粗悪な商品があふれた状況を批判し、「手仕事」という原点に戻り、生活と芸術を一致させました。
そのアーツアンドグラフトの思想に影響を受けたこちらのビューローブックケースは、ビューローブックケースのフォルム、天板を支える棒の取っ手部分や本棚のコーナーに配置されている装飾、ステンドグラスのデザインにいたる全ての細部にこだわりと丁寧さが見受けられます。
墨のような「黒」にとても近い配色と、すらっとした背、細身のシルエットは「和」との調和も良く、日本の古きよき時代の書斎をも彷彿させるビューローブックケースとなっています。


こちらのビューローブックケース並びにベントウッドチェアはご成約済みです。ありがとうございました。

その他のビューローブックケースはこちら

その他のベントウッドチェアはこちら

鏡台・1

化粧ブラシをはじめとして化粧に用いる道具はたくさんあります。
ここでは、松島巌氏の《箔マーブル文三足蓋物》をコットンボール入れとして、同じく《虹彩陽刻文蓮弁》をアクセサリー置きとして使ってみました。
ブラシ立てに用いたのは、金工作家の畠山耕治氏による青銅の器、《方形のもの》です。
手取りが良く、安定しているので、このような使い方をしても頼りがいがあります。
黒ガラスに金で秋草を表現した蒔絵風のボトルは香水「禅」(1964年)、口紅は「インウイ ルージュ」(1978年)、八角形のコンパクトは「花椿CLUB」の記念品として、1995年に制作されたものです。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照


ドレッシングチェスト
化粧の習慣は17世紀に入って一般に普及し、18世紀の始め頃から小机の上に鏡を取り付けたドレッシングテーブルが男性用、女性用共に盛んに作られました。
18世紀中頃を過ぎると、今まで別々であったミラーがドレッシングテーブルに固定され、一体として作られるようになりました。
ヴィクトリアン期に入ってドレッシングチェストの需要は高まり、ワードローブやウォッシュスタンドなどと共に、ヴィクトリアンベッドルームスイートを構成する重要な家具となりました。
17世紀の人々と同じように、化粧をし身だしなみを整える習慣は現代の生活にも深く根付いており、とても特別でプライベートなものです。その特別でプライベートなひと時を、時代を感じさせるドレッシングチェストと赴きある化粧道具と共に過ごすことは、この上ない至福です。


こちらのドレッシングチェスト並びにスツールはご成約済みです。ありがとうございました。

その他のドレッシングチェストはこちら

その他のスツールはこちら

帰宅して・1、2

外出先から戻って、ポケットの中のものを取り出します。財布や携帯電話、腕時計を外し、女性でしたらアクセサリーを外すのは、プライベートな時間へ移行する儀式のようなものでしょうか。
そのような時に用いる器として、小椋範彦氏の《蒔絵百合花文四方盆》と、内藤四郎氏の《花文銀方盆》を使ってみました。
小椋の典雅な百合の四方盆は、女性が使うものとしてキッドの手袋とキーリングに留めた鍵を。
内藤氏の銀の盆は男性が使うものとして、皮の定期入れと腕時計を置きました。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照


コンソールテーブル
18世紀、上流階級のホテルやカントリー・ハウスで,大広間の壁面に取り付けられた装飾用のテーブル。肖像彫刻,置時計または花瓶などが乗せられ、壁面装飾のアクセントの役割をなしていました。
こちらのコンソールテーブルには、挽物の装飾が施された前脚2本と小ぶりの引き出しが中央に配置されており、玄関やエントリーホールに壁付けして置いて使用できます。置時計や花瓶などをディスプレイしたり、プライベートな時間へと移行する際の小物置き家具として活用できます。

鏡台・2

こちらの鏡台には小西寧子氏の作品を用いました。筆立てとして制作された《筆筒》をブラシ立てとして、《織文螺鈿盆》にはコットンなどを置くことを想定しました。
このように美しい漆工品を日毎夜毎に使えたら、化粧もより楽しくなるでしょう。
手前のボトルは香水「FEMINITE DUBOIS」(1992年)、バラ色の不透明ガラスによる有機的なフォルムが特徴的です。
奥はセルジュ・ルタンスがプロデュースしたSALON DU PALAIS ROYAL SHISEIDOの香水「BORNEO 1886」(1993年)です。
円筒形の箱は1932年に発売された「モダンカラー粉白粉」(複製)。
デザインは山名文夫氏で、わが国におけるアール・デコ様式のパッケージデザインを代表する一点です。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照

朝食

パンとコーヒーだけの簡単な朝食です。コーヒーポット《白金彩線刻紋Pot》とカップ&ソーサー《白金彩珈琲碗皿》は内田鋼一氏によるもので、《白金彩湯冷まし》をクリーマーとしてみました。
たっぷりした容量があって使いやすそうです。
竹籃はパン入れとして用いました。パン皿は桜材の挽物、木の皿は湿気を吸ってくれるので、焼いたパンの歯触りが変わらず重宝なものです。
八木一夫氏の《陶ジョッキ》には野花を生けました。
伊羅保のざっくりとした肌に、素朴な花がよく映えます。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照


レフェクトリーテーブル
レフェクトリーとは「僧院などの食堂」を指し、大人数で食事をとる大きなテーブルを総称して レフェクトリーテーブルと呼びます。 初期ゴシック様式では、トレッスル(架台)に厚板1枚、または数枚張り合わせた厚板を取り付けた簡素なものでしたが、後に改良され、球根方の足に太いストレッチャーが付き、さらに装飾的な彫刻も施された、頑丈でどっしりとしたテーブルとなりました。
16世紀中頃に登場し17世紀を通して作られましたが、18世紀に入り家具の装飾の方法や食事習慣、住宅環境も変化したこともあり、殆ど作られることはなくなりました。しかし、ドローリーフ テーブルやゲートレッグテーブルと同様に1900年代に入り、折衷様式とともにリバイバルし、当時の住宅環境に合うようサイズダウンされた物が作られました。
こちらのレフェクトリーテーブルも1930年代にERCOL社でリバイバルされたもので、使い勝手が良いようにサイズダウン、デザインされています。
ERCOL社の創始者であるルシアン・アーコラーニはスチームで湾曲させるウィンザーチェアの製造技術を完成させた家具デザイナー。
ウィンザーチェアの一種である、スプラット(背板)の部分がホイール(車輪)のモチーフの透かし彫りで、パテラ(円形の浮彫装飾)のプラーク(飾り板)がついたホィールバックチェアと併せるとさらに雰囲気が増します。


こちらのレフェクトリーテーブル並びにホィールバックチェアはご成約済みです。ありがとうございました。

その他のレフェクトリーテーブルはこちら

その他のホィールバックチェア、ウィンザーチェアはこちら

来客

ローテーブルに小椋範彦氏の《乾漆蒔絵椰子文足付長盤》を置き、内田鋼一氏の茶器《白金彩線刻紋茶注》《白金彩煎茶碗》《白金彩湯冷まし》で来客をもてなします。 小椋の長盤では打ち物などの上品な和菓子を供してみたいものです。煎茶碗には真鍮の茶托を合わせました。
※展示カタログ「工藝を我らに」より参照


クイーンアン様式のソファーとセンターテーブル
クイーンアン様式とはイギリスのアン女王の治世(1702‐14)にみられる美術・工芸様式のこと。
豪華さよりも,古典主義的な軽快で優雅な形を重視し,明るい色のウォールナット材が好まれました。またカブリオール脚と呼ばれる,S字形に湾曲した家具の脚が付いているのも特徴のひとつ。
そのアン女王の治世の影響を受けたこちらのソファーもまたウォールナット材で製作されており、カブリオール脚には花の彫刻が施されています。また、ソファーの高さに合わせたこちらのセンターテーブル(ローテーブル)は三人掛けのソファーにぴったり。日本の卓袱台(ちゃぶだい)の影響を受けたとされるセンターテーブルですので、美しい歴史ある茶器にもしっかりと調和します。


こちらのセンターテーブルはご成約済みです。ありがとうございました。

センターテーブルをお買い求めはこちらから

ソファーをお買い求めはこちらから

掲載されているアンティーク家具へのご質問は
ケントアンティークスまでお問合せください。

054-204-7003

東京 : 03-6420-0548

工藝を我らに

資生堂が提案する美しい生活のための展覧会

会期:1月15日(木)~ 3月29日(日)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:資生堂アートハウス
静岡県掛川市下俣751-1(〒436-0025)
詳細はこちら