1. TOP>
  2. イベント>
  3. IFFT インテリアライフスタイルリビング2015に出展

IFFT/インテリアライフスタイルリビング2015に
株式会社ケントは出展致いたしました。

「ライフスタイルを提案する」インテリアデザイン市場の国際見本市IFFT/インテリアライフスタイルリビング2015(11月25日から27日)に株式会社ケントは出展いたしました。 弊社の展示ブースへは、日本のお客様のみならず、世界各国から連日多くの方が訪問していただき、スタッフ一同心より感謝しております。

今回の展示会ではケントアンティーク家具の「修理力」をメインテーマとして、様々な角度からアンティーク家具をご紹介させていただきました。ブース内ではケントで行われている修理工程を再現したエリアを設け、実際に手に触れていただきケントの修理に対するこだわりとクオリティーの高さをご理解いただけたかと思います。また、そのケントクオリティーで仕上がったアンティーク家具も実際に展示させていただき、英国アンティーク家具の雰囲気と私たちケントのこだわりの強さを実感していただけたかと思います。
また、現代のマーケットニーズに合わせアンティーク家具を改造する「Re:スタイル」をパネル展示し、額装チェアにて表現させていただきました。スタイリッシュでカラフルな額装チェアは、弊社が提唱する「Re:スタイル」へのご理解だけでなく、アーティスティックで面白みのある展示物だったと大変にご好評いただきました。

11月25日から27日の3日間、天候があまりよろしくない日もありましたが、多くのお客様にご来場いただき 誠にありがとうございました。今後、株式会社ケントと多くのお客様とのつながりが広がり、お取引させていただく機会が増えることに大いに期待しております。

ケントブース案内

展示場所

この展示会では東京ビックサイト西2ホールHOMEゾーン・小間番号は2-117にて出展いたしました。

展示内容ご紹介

ケントクオリティの
イギリスアンティーク家具

ケントでは日本のお客様を常に意識した家具修理を行っています。
日本人の家具に対する基準をしっかりと認識し、細部にまでこだわって修理を施しています。家具の産地・静岡で何十年もの経験と実績を兼ね備えた職人の手によって修理されたアンティーク家具に自信と誇りを持ってケントクオリティと呼んでいます。

チェアの修理工程

ケントではアンティーク家具の「修理」に最も力を注いでいます。展示会のケントブースのメインとなるのがチェアの修理工程になります。輸入されてきた未修理の状態から修理完了までの工程を実際にご覧になることが出来ます。
木工修理から塗装修理・座面の張替えに至るまでがケントの修理へのこだわりです。

Re:スタイルアンティーク

アンティーク家具を用途や好みに合わせてRe:スタイルすることによって全く違った表情を見せる家具へと生まれ変わります。塗装を剥がすことで木の質感を露出したりワイルドにダメージ加工を施したり、好みの色で塗装してカラーコーディネートをしたりと様々な加工が出来ます。
ケントではアンティークの楽しみ方の一つとしてRe:スタイルをご提案しています。