1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. レフェクトリーテーブル – 大型のダイニングテーブル

Refectory Table

レフェクトリーテーブルとは?
レフェクトリーテーブルとは、僧院や修道院などの食堂で使われていたテーブルです。
一枚板の天板を使ったシンプルなデザインが特徴の大型のテーブルです。もともと解体できるものが多く、開口部が小さいイギリス都心部の住宅事情でも運び込みやすいようにしたと云われています。

History of Refectory Table

レフェクトリーテーブルの物語

Explanation 解説

レフェクトリーとは「僧院などの食堂」を指し、大人数で食事をとる大きなテーブルを総称してレフェクトリーテーブルと呼ぶようになりました。

初期ゴシック様式では、トレッスル(架台)に厚板1枚、または数枚張り合わせた厚板を取り付けた簡素なものでした。後に改良され、球根方の足に太いストレッチャーが付き、さらに装飾的な彫刻も施された、頑丈でどっしりとしたテーブルとなりました。

16世紀中頃に登場し17世紀を通して作られましたが、18世紀に入り家具の装飾の方法や食事習慣、住宅環境も変化したこともあり、殆ど作られることはなくなりましたが、ドローリーフテーブルやゲートレッグテーブルと同様に1900年代に入り、折衷様式とともにリバイバルし、当時の住宅環境に合うようサイズダウンされた物が作られました。

The kinds of Refectory Table

レフェクトリーテーブルの種類

  • 大型レフェクトリーテーブル

    大型レフェクトリーテーブル
    両側に4人ずつ合計8人以上が一度に使用することのできるとても大きいレフェクトリーテーブル。大家族はもとより、店舗ディスプレイの什器としても存在感があり、いろいろなアイテムを展示することができます。

  • 中型レフェクトリーテーブル

    中型レフェクトリーテーブル
    両側に2人ずつ合計4人以上座ることができる中型のレフェクトリーテーブル。中型とはいえ天板の大きさは大き目なので、ゆったりとした食事を楽しむことができます。

  • 小型レフェクトリーテーブル
    比較的狭いスペースでも置き場所に困らない小さめのレフェクトリーテーブル。両側に1人ずつゆったりと座ることができます。壁付け使用でも問題ない、お手軽テーブルです。

  • 挽物系1ストレッチャーレッグ

    挽物系1ストレッチャーレッグ
    両側にバルバスやバラスターなどの挽物のデザインを使用したタイプのもの。ストレッチャー(貫)は一本で両サイドに若干突き抜けているものが多く見受けられます。

  • パネルレッグタイプ

    パネルレッグタイプ
    板状になったパネルに一本のしっかりとした貫が入っているタイプのレフェクトリーテーブル。挽物の脚よりも足元の広さが若干広めに取られています。

  • 4ストレッチャーレッグタイプ

    4ストレッチャーレッグタイプ
    古くからの典型スタイルである4ストレッチャータイプ。チェアを収納することができない分、貫がしっかりと4本はいているのでとても丈夫です。

お買い物はこちら 「リフェクトリーテーブル」の商品一覧ページへ

Key points of choosing a Refectory Table

レフェクトリーテーブルの選ぶポイントとは

レフェクトリーテーブルの選ぶポイントとは?

レフェクトリーテーブルは、大きく分けて、大・中・小とサイズがあるので、使用する場所に合ったサイズのものをお選びください。
レフェクトリーテーブルの中には解体できるものがあり、頻繁に移動させて使う方には、解体できるもののほうが便利です。収納する際に場所を取らないという利点もあります。
また、ご家庭の開口部が小さく、大きいサイズのものを選べないという方でも、解体が可能なものをお選び頂ければ、もう1ランク上のサイズのものが選べるケースがあります。
オリジナルのように解体できるものと、固定しているものがありますのでご確認下さい。

How to use Refectory Table

レフェクトリーテーブルの活用術

シンプルで飽きのこないデザインに加え、強度な造りなので、カフェなどの飲食店でも安心してご利用頂けます。ファッション雑貨の陳列をするなど、店舗什器としてもお使いになれます。
もちろん、大家族の方や多くのゲストが来ることの多いご家庭ではとても丈夫でシンプルなレフェクトリーテーブルは大活躍するはずです。

レフェクトリーテーブルの活用術例

グラツキ、ガタツキ徹底補修

天板と脚が分けれるタイプの多いレフェクトリーテーブルはグラツキを直すことがとても重要。パーツを一つひとつ解体してからしっかりと組み合わせていきます。

平均台を使用しての最終調整

天板と脚の組み合わせ、脚の耐久性をしっかり確認した後、水平を保つために平均台に乗せ、傾きやゆがみがないかの最終チェックを行います。

本場英国と同じ仕上げ

アンティークの良さを引き立たせるために本場英国とまったく同じマイランズの塗料、ワックスを使用します。パティネ(古い傷)を生かしながら綺麗に仕上るのがケント流。

解体が出来るレフェクトリーテーブルは、天板と脚が固定されていない分、グラつきに対する配慮が欠かせません。
脚の部分の修理をきちんとやらないと、天板を乗せたときに揺れ、安定性や安全性も損なわれてしまいます。
特に、レフェクトリーテーブルの天板の殆どが重量のある無垢の木材を使用しているため、フレームの構造をしっかり丈夫なものに仕上げることを心がけて修理をしています。

お買い物はこちら 「リフェクトリーテーブル」の商品一覧ページへ

How to do maintenance

レフェクトリーテーブルのお手入れ方法

日常的なお手入れ

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

水拭き後や冷暖房の効いたお部屋では木部が乾燥しがちです。月に一度はワックス掛けをして木に潤いとコーティングをしてあげましょう。

月1回のメンテナンス

レフェクトリーテーブルの基本的なお手入れはワックスとなります。
特に天板を使用する家具となりますので、こまめなワックスがけは塗装面の耐久性を高める効果があります。日常的には乾拭きをお勧めしますが、食べこぼしなどで水拭きをする際には、固く絞って水分が家具表面に残らないように気をつけてください。水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。現代家具のようなウレタン塗装ではありませんので、水や熱いものを直接天板の上に乗せると塗装を痛める原因となり、シミや跡が残る場合がありますので、ランチョンマットなどをご使用することを推奨します。
ただし天板の全面を覆うようなビニールクロスは木の呼吸を止め、湿気が溜まり逆に塗装面を傷める原因となりますのでご使用を控えてください。布製のテーブルクロスかランチョンマットをお勧めします。ケントアンティーク家具では水や熱いものを直接天板の上に乗せた時にできる、コップの輪ジミや白くついたシミを取り除く「ファニチャークリーナー」という商品も取り扱っていります。シミがつくケースには様々な背景がありますので一概に、全てのシミに対応しているわけではありませんが、応急処置としてこちらを使用することもできます。

お買い物はこちら 「リフェクトリーテーブル」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
店舗案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら