1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. オケージョナルテーブル – 「何にでも使える」便利なサイドテーブル

Occasional Table

オケージョナルテーブルとは?
「オケージョナル」とは「何にでも使える」とか「場合に応じて」というような意味で使われています。
デザインも幅広くあり、いろいろな空間に合わせることができるテーブルです。
小ぶりで場所を取らずに様々な用途に使えるこちらのアイテムは英国でもスタンダードで人気のある一品です。必要に応じて用いる小型の補助用テーブルで、部屋を快適にし暮らしやすいようにする働きを持ちます。

History of Occasional Table

オケージョナルテーブルの物語

Explanation 解説

オケージョナルテーブルは18世紀に入り作られはじめ、トーマス・シェラトンの1803年のTHE CABINET DICTIONARY にそのイラストとオケージョナルテーブルという用語が認められます。

隠し引き出しがあったり、仕掛けがるものも多く見られ、使用目的により、いろいろ名前がつけられ、多種多様な材やデザインで作られました。

The kinds of Occasional Table

オケージョナルテーブルの種類

  • ツイストレッグ 丸形天板

    ツイストレッグ 丸形天板
    天板が丸いツイスト脚のオケージョナルテーブルです。大きさは花瓶などを置くような小さいものから、ちょっとしたティータイムが楽しめるような大きさのものまであります。

  • ツイストレッグ 四角天板

    ツイストレッグ 四角天板
    四角い天板のツイストレッグオケージョナルテーブルです。丸型天板同様、いろいろな大きさのものが存在します。高さにおいてもソファーに合わせられるようなものから、電話を置くような高さのものまであります。

  • ティーテーブル

    ティーテーブル
    ティータイムを楽しむことのできるテーブル。天板は丸型のものから四角いものまであります。 ダイニングテーブルほど大きさはない分、気軽に使用できるのが特徴。もちろん、紅茶だけでなく、夜にはチーズ&ワインなんてのもいいです。

  • ドラムテーブル

    ドラムテーブル
    ドラムの形をしたテーブル。天板は主にレザーが張られているものが多く、収納用の引き出しが付いていることも。大きいドラムテーブルには実際に使用できる引き出しと飾り用の引き出しが交互に配置されているものもあります。

  • コンソールテーブル

    コンソールテーブル
    壁に取り付けられる棚のような細長いテーブル。 ディスプレイするためのちょっとしたステージとして、玄関や部屋に置くことができます。 形は半円のものや長方形のものが主流。

  • ゲームテーブル・カードテーブル

    ゲームテーブル・カードテーブル
    トランプやカードゲームをするためのテーブル。ほとんどのものは天板が半分に折りたたまれており、広げるとフェルトがはられたゲームテーブルが現れます。

  • ワインテーブル

    ワインテーブル
    本来はワインを楽しむ為の贅沢なテーブルでしたが、現在ではいろいろな用途に使用できます。持ち運びがとても簡単なので、場所を選ばずご利用になれるテーブルです。

  • サイドテーブル

    サイドテーブル
    主テーブルの補助として用いたり、ソファやベッドの脇に置く小さ目なテーブルです。形や大きさはその使用用途によってまちまちですので、希望の使用方法に合わせて選部のがベストです。

お買い物はこちら 「オケージョナルテーブル」の商品一覧ページへ

Key points of choosing an Occasional Table

オケージョナルテーブルの選ぶポイントとは

オケージョナルテーブルの選ぶポイントとは?

英国アンティーク家具のオケージョナルテーブルは用途に応じて様々な形のものが作られているので、ティータイムで使うティーテーブルや、ワインを楽しむときに使うワインテーブルなど、くつろぐシチュエーションに応じて家具選びをするのも楽しいものです。 オケージョナルテーブルはサイドテーブルを含む小型のものが多いため、置く場所を選びません。 構造がシンプルな為、グラつきなどが無いか確かめることも選ぶ上では大切です。

How to use Occasional Table

オケージョナルテーブルの活用術

場所・用途を問わないというのがオケージョナルテーブルの特徴です。
デザインも幅広くあり、いろいろな空間にあわせることができます。
補助テーブルとして使用するだけでなく、花台や置物台、電話台やナイトテーブルとして使うなど、アイデア次第で素敵なコーディネートが楽しめます。

グラツキには細心の注意

構造的にはシンプルですが、デザインや仕掛けがとても繊細なので特別な配慮を持って修理します。特に、グラツキが出ない様、しっかりと確認しながら仕上ていきます。

天板フェルトは新しいものへ

使用頻度の高いカードテーブルの天板には新しいフェルトを張ります。
もちろんデザイン性が損なわれないような色合いを選び、平らに隙間なくしっかりと張ります。

本場英国と同じ仕上げ

アンティークの良さを引き立たせるために本場英国とまったく同じマイランズの塗料、ワックスを使用します。パティネ(古い傷)を生かしながら綺麗に仕上るのがケント流。

構造的にはシンプルですが、デザインが繊細なため、修理の際は特別な配慮が必要です。
特にグラつきが出やすい家具のため、補強を入れることが欠かせないのですが、その際には、繊細なデザインを損なわないように細心の注意を払って修理しています。
カードテーブルは、天板のフェルトが破損しているものが多いため、新しいものに張り替えています。張り替えるときは、特に折り目の所にシワが寄らないように注意して張り替えています。

お買い物はこちら 「オケージョナルテーブル」の商品一覧ページへ

How to do maintenance

オケージョナルテーブルのお手入れ方法

日常的なお手入れ

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

水拭き後や冷暖房の効いたお部屋では木部が乾燥しがちです。月に一度はワックス掛けをして木に潤いとコーティングをしてあげましょう。

月1回のメンテナンス

オケージョナルテーブルの基本的なお手入れはワックスとなります。
特に天板を使用する家具となりますので、こまめなワックスがけは塗装面の耐久性を高める効果があります。日常的には乾拭きをお勧めしますが、食べこぼしなどで水拭きをする際には、固く絞って水分が家具表面に残らないように気をつけてください。水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。現代家具のようなウレタン塗装ではありませんので、水や熱いものを直接天板の上に乗せると塗装を痛める原因となり、シミや跡が残る場合がありますので、ランチョンマットなどをご使用することを推奨します。
ただし天板の全面を覆うようなビニールクロスは木の呼吸を止め、湿気が溜まり逆に塗装面を傷める原因となりますのでご使用を控えてください。布製のテーブルクロスかランチョンマットをお勧めします。ケントアンティーク家具では水や熱いものを直接天板の上に乗せた時にできる、コップの輪ジミや白くついたシミを取り除く「ファニチャークリーナー」という商品も取り扱っていります。シミがつくケースには様々な背景がありますので一概に、全てのシミに対応しているわけではありませんが、応急処置としてこちらを使用することもできます。

お買い物はこちら 「オケージョナルテーブル」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
店舗案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら