1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. ゲートレッグテーブル – 天板を折りたたむことができる便利なテーブル

Gateleg Table

ゲートレッグテーブルとは?

ゲートレッグテーブルは、折りたたみ式の天板を開いて大きなテーブルとして使用でき、使わないときには折りたたんでコンパクトに収納できたりと、大変機能的なテーブルです。
3枚の天板がフラップヒンジと言われる蝶番でつながり、両脇の天板は垂れ下がった状態で収納されていてます。その両端2枚の天板を持ち上げ、補助の脚で支えて使用します。
補助の脚がゲート(門)のように開閉し出てくるところからこの名称がつきました。
ツイストやボビン形の挽き物細工の脚が特徴です。

History of Gateleg Table

ゲートレッグテーブル物語

Explanation 解説

ゲートレッグテーブルは17世紀初頭のジャコビアン期より登場します。 当時はフォーリングテーブルと呼ばれており、18世紀後半まで様々なデザインにおいて作られました。
ゲートレッグテーブルの名称は19世紀中頃より使われはじめたのではないかと推測されています。現在では俗称ですが折りたたみ式のテーブルを総称してドロップリーフテーブルやバタフライテーブルなどと呼ぶこともあります。
1900年代に入り、やはりこの家具も折衷様式とともにリバイバルされましたが、ドローリーフテーブルと同様、構造的に変化したところは殆どありません。

お買い物はこちら 「ゲートレッグテーブル」の商品一覧ページへ

The kinds of Gateleg Table

ゲートレッグテーブルの種類

  • 小ぶりなゲートレッグテーブル

    小ぶりなゲートレッグテーブル
    脚がツイストした小ぶりのゲートレッグテーブルはとても人気があり、使い勝手が非常にいいです。たとえば、両側のゲートを閉じてオケージョナルテーブルの様に使用したり、片方を開いて壁付けし、ちょっとした花を飾ったりとアイディア次第でいろいろなテーブルになります。もちろん、両サイドを開けば小さめのダイニングテーブルとしてお使いいただけます。

  • 標準的なゲートレッグテーブル

    標準的なゲートレッグテーブル
    小さめなゲートレッグテーブルに比べて一回り大きい標準的なゲートレッグテーブルは両側のゲートを開くと4人がゆったりと座れるぐらいの大きさになります。普段は片方開けて壁付け、来客がいらっしゃったときには全開放と用途に合わせてご利用いただけます。

  • 大型のゲートレッグテーブル

    大型のゲートレッグテーブル
    標準的なゲートレッグテーブルに比べてもう一回り大きいゲートレッグテーブル。両側のゲートを開くと6人がゆったりと座れるぐらいの大きさになります。大きめなダイニングテーブルとしてはもちろん、ホームパーティーを開いた時などにとても重宝します。

  • 収納付きゲートレッグテーブル

    収納付きゲートレッグテーブル
    天板の中央部分下に引き出しが付いたゲートレッグテーブルです。ちょっとした収納としてお使いいただける他、アクセントとしての効果もあります。引き出しは片側だけのものと両側付いたものがあります。

  • 片側だけ上げるタイプのゲートレッグテーブル

    片側だけ上げるタイプのゲートレッグテーブル
    片側だけについているゲートを引っ張り、天板を固定するタイプのゲートレッグテーブルです。天板の形は様々で、三角形のものを組み合わせて正方形にしたり、半円を組み合わせて円にしたりといろいろなバラエティーがあります。

Key points of choosing
Gateleg Table

ゲートレッグテーブルの選ぶポイントとは

ゲートレッグテーブルの選ぶポイントとは

大きいサイズのものはテーブルを囲んで食事をする用途に適しています。小さいサイズのものはサブテーブルやティーテーブルとしてお使いになれます。

お買い物はこちら 「ゲートレッグテーブル」の商品一覧ページへ

Key points of Gateleg Table

ゲートレッグテーブルの修理ポイント

塗装へのこだわり

ブックケースのような家具と違い使用頻度の高いゲートレッグテーブル、特に天板においては一度しっかりと剥離を行い、きれいな状態にしてから塗装することによりムラのないきれいな仕上がりになります。

グラつき易い脚部分の補強

ゲートレッグテーブルの脚の部分はグラつきやすいため、ケントの修理では、裏からビスを打ち込むことにより強度を増しています。天板を開いたときに段差や隙間が出来ないような微調整も行なっております。

構造面へのこだわり

ゲートを開いたり閉じたりして使用する家具ですので、木工の際には細心の注意を払います。なるべく一つひとつのパーツに一旦ばらしてから再度組み立てています。

ゲートレッグテーブルは、日常生活の中で接する時間の長い家具のひとつであり、直接家具そのものを使用する機会の多いものです。そのために、構造面、装飾面、機能面と全てに関して丁寧な修理が求められます。その為、構造面(木工)、装飾面(塗 装、パーツ)は細心の注意を払い修理・修復されています。

How to do maintenance

ゲートレッグテーブルのお手入れ方法

日常的なお手入れ

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

水拭き後や冷暖房の効いたお部屋では木部が乾燥しがちです。月に一度はワックス掛けをして木に潤いとコーティングをしてあげましょう。

月1回のメンテナンス

ゲートレッグテーブルの基本的なお手入れはワックスとなります。
特に天板を使用する家具となりますので、こまめなワックスがけは塗装面の耐久性を高める効果があります。
日常的には乾拭きをお勧めしますが、食べこぼしなどで水拭きをする際には、固く絞って水分が家具表面に残らないように気をつけてください。
水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための塗装を施しています。現代家具のようなウレタン塗装ではありませんので、水や熱いものを直接天板の上に乗せると塗装をいためる原因となり、シミや跡が残る場合がありますので、ランチョンマットなどをご使用することを推奨します。ただし天板の全面を覆うようなビニールクロスは木の呼吸を止め、湿気が溜まり逆に塗装面を傷める原因となりますのでご使用を控えてください。
布製のテーブルクロスかランチョンマットをお勧めします。ケントアンティーク家具では水や熱いものを直接天板の上に乗せた時にできる、コップの輪ジミや白くついたシミを取り除く「ファニチャークリーナー」という商品も取り扱っていります。シミがつくケースには様々な背景がありますので一概に、全てのシミに対応しているわけではありませんが、応急処置としてこちらを使用することもできます。

お買い物はこちら 「ゲートレッグテーブル」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
メンテナンス用品案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら