1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. ドローリーフテーブル-伸張式イギリスアンティークテーブル

Drawleaf Table

ドローリーフテーブルとは?
アンティーク家具のダイニングテーブルの中でも最も人気の高いテーブルです。人気の秘密は天板が伸張式になっていて用途に応じてサイズが自由に変えられるところです。
ドロワーリーフとも呼ばれますが、主天板の下に左右二枚の天板が収納されており、引き出すことにより天板のサイズが変わります。このようにリーフを引くことからドローリーフと呼ばれています。

History of Drawleaf Table

ドローリーフテーブル物語

Explanation 解説

ドローリーフテーブルの原型は16世紀後期のエリザベス朝までさかのぼります。
当初、ドローリーフテーブルのサイズは大きく、レフェクトリーテーブル並みのものがほとんどでした。主にダイニングテーブルに使用されており、17世紀中頃までよく生産されていました。
その後はその伸張式の構造がいろいろな家具に応用されましたが、あまりドローリーフテーブル自体は作られませんでした。
しかし1900年代に入り、折衷様式の流行とともにリバイバルされます。構造的には16世紀ものと殆ど変らない造りで、当時の住宅環境に合うようサイズダウンされた物が主流となっています。

The kinds of drawleaf table

ドローリーフテーブルの種類

  • プレーンタイプ 2本脚

    プレーンタイプ 2本脚

    価格、サイズともにお手頃で、使い勝手もよく、多くのユーザーに支持されている標準的なドローリーフテーブルです。
    天板が長方形タイプと正方形タイプの2タイプがあります。
    長方形タイプの標準サイズは76センチ×106センチ。伸張されるリーフ部分が約30センチです。両リーフ部分を収納した状態では106センチ、片方伸ばした状態では136センチ、両方伸ばした状態では166センチと3つのスタイルでお楽しみいただけます。

  • ミドルカーブドタイプ 2本脚

    ミドルカーブドタイプ 2本脚

    天板の周りに彫刻が施されていたり、天板の形状が珍しい形をしていたりと、アンティーク家具らしい個性を持つドローリーフテーブルです。
    サイズはプレーンタイプ同様、長方形タイプと正方形タイプがあります。
    天板が正方形タイプの標準サイズは90センチ×90センチで、リーフ部分が30センチですので、90センチ、120センチ、150センチの3通りの使い方で楽しむことが出来ます。

  • カーブドタイプ 2本脚

    カーブドタイプ 2本脚

    アンティーク家具ならではの彫刻が美しく、キャビネットメーカー(クラフトマン)の技を細部にまで施した魅力のドローリーフテーブルです。
    2本脚に彫刻されたモチーフは主にフルーツや植物で、バルバスレッグやメロンバルブ、パイナップルレッグなどと呼ばれいます。
    その彫刻には繁栄や幸福、家内安定などの意味を象徴しているとも言われています。

  • プレーンタイプ 4本脚

    プレーンタイプ 4本脚

    4本脚クロスバータイプは2本脚に比べて耐久強度がはるかに高く、安定感のあるドローリーフテーブルといわれています。
    4人で囲みながら座れることから、家族を大切にする英国では人気が高い品となっています。
    天板を拡張すれば、6人掛けはもとより、8人掛けもでき、とても便利です。

  • ツイストレッグタイプ 4本脚

    ツイストレッグタイプ 4本脚

    ツイストレッグという名称通り、ねじれた脚を持つドローリーフテーブルです。
    アンティーク家具の中でも安定した人気のあるテーブルで、熱狂的なアンティークファンの中にはツイストタイプのアンティーク家具のみ揃える方もいらっしゃるほど。
    別名「バリー・シュター・ツイスト」ともいわれており、「ねじり飴のような形」をしているところに由来しています。

  • クィーンアンタイプ 4本脚

    クィーンアンタイプ 4本脚

    優雅な曲線を放つ脚部はエレガントで上品な雰囲気をかもし出しています。
    現在でも多くの家具メーカーがこのエレガントな脚をまねて家具を生産するほど人気の高いデザインです。
    テーブルだけでなく、椅子やその他の装飾品でコーディネートするすれば、さらに品のあるトータルコーディネイトができます。
    日本では、「猫脚」としてよく知られているカブリオールレッグタイプと呼ばれるもので、動物の脚をモチーフにデザインされています。

お買い物はこちら 「ドローリーフテーブル」の商品一覧ページへ

Key points of choosing drawleaf table

ドローリーフを選ぶポイントとは

ドローリーフテーブルを選ぶポイントとは?

ドローリーフテーブルのデザインタイプは大きく分けて2通りあります。
4人が囲んで座る4本(脚)足のタイプと、2人ずつ向かい合わせで座る2本足のタイプです。
4本脚のタイプは部屋の中央に置くのが一般的で、デザイン的には安定感があり、アンティークらしい重厚なイメージでインテリアを演出します。
2本足のタイプは壁際やキッチンカウンターに寄せて使用する事ができるなど、その利便性と応用性で人気があります。
どちらも天板の形状が長方形と正方形のタイプがあり、長方形タイプは75cm×110cm位、正方形タイプは90cm×90cm位でリーフの引き出せる幅は30cm位が一般的です。
天板面積を大きく使用される場合は正方形タイプで、部屋のスペースに限りがある場合は長方形タイプのほうが応用が利いてお勧めです。
75cm×75cm位の小さ目のドローリーフもありますが非常に希少性が高く入手が難しいのですが、カフェのように2人でご利用いただくのには最高におしゃれです。

How to use drawleaf table

ドローリーフテーブルの活用術

天板が二重になって収納されており、女性の方一人でも簡単に伸縮できます。
伸張の方法は、両側に分かれた天板の下に収納されたリーフを引き出すだけの簡単操作です。
ケントアンティーク家具では女性が片方でお皿を持ったままでも片手でリーフが引き出せるように調整しています。
リーフは片方だけの伸張もできるため、3通りのサイズでご利用いただけます。

ベントウッドチェアの活用術例
お買い物はこちら 「ドローリーフテーブル」の商品一覧ページへ

Key points of Drawleaf Table

ドローリーフテーブルの修理ポイント

剥離・塗装

天板面積の広いテーブルは、古い塗装を一度剥離することで、ムラのない仕上りとなり、テーブルに合わせるチェアとの調和と均一に整ったきれいな仕上りとなります。

傷防止フェルト

稼動する際に傷がつかないように天板の裏にフェルトが張ってありスムーズに伸張できるようになっております。

英国仕込みの仕上げ

イギリス皇室御用達のマイランズ社製塗料を使用し、最後の仕上げをしております。アンティーク本来の魅力を損なうことなく自然で美しい仕上がりを心がけています。

お客様がご購入頂いた後の短い期間で再修理が発生しないためにも、可能な限り分解し、古い接着剤や付帯品を除去、組み直し・再接着をし、劣化したパーツの交換や磨り減った箇所を再生し、日本での使用環境に合わせて新たな補強をすることで強度を高めています。

How to do maintenance

ドローリーフテーブルのお手入れ方法

日常的なお手入れ

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

水拭き後や冷暖房の効いたお部屋では木部が乾燥しがちです。月に一度はワックス掛けをして木に潤いとコーティングをしてあげましょう。

月1回のメンテナンス

日常的には乾拭きをお勧めします。 水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。 ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。 リーフなどの稼動部分がスムーズに引き出せなくなった場合は、レール部分に蝋等を塗ってください。

お買い物はこちら 「ドローリーフテーブル」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
店舗案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら