1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. ダイニングテーブル – 追加の天板が隠されている便利なテーブル

Dining Table

ダイニングテーブルとは?
大人数で食事をとる大きなテーブルを総称してダイニングテーブルと呼びます。大きなテーブルで大勢で食事をとるテーブルの代表格としてレフェクトリーテーブルがありますが、違いとしてはレフェクトリーテーブルの天板は基本的に無垢でできており、ダイニングテーブルは展開して大きく使用できるような仕組みが備わっています。

History of Dining Table

ダイニングテーブルの物語

Explanation 解説

16世紀中頃に登場し、17世紀を通して作り続けられました。

17世紀の後期、住宅には多くの部屋が作られるようになり、それに伴い様々な種類のダイニングテーブルが作られました。

18世紀に入り家具の装飾の方法が変化し、また食事習慣や住宅環境も変化したこともあり、殆ど作られることはなくなりました。

The kinds of Dining Table

ダイニングテーブルの種類

  • エクステンション

    エクステンション
    天板の形が円形や長方形のものがあり、機械仕掛けで天板が大きくなるものです。
    ハンドルなどが備わっており、クルクルまわしていくと天板が伸張する仕組みになっています。

  • ポップアップ(取り付けタイプ)

    ポップアップ(取り付けタイプ)
    天板の中央部分が二つに別れ、別の天板を中央に設置させことにより大きくさせるタイプのダイニングテーブルです。伸張用の天板は通常どこかにしまっておかなくてはいけないのでカサバリますが、設置方法はとてもシンプルです。

  • ポップアップ(天板収納タイプ)

    ポップアップ(天板収納タイプ)
    テーブル内部に収納されている補助の天板を引き上げて使用するタイプのダイニングテーブルです。 必要なときにだけ収納されている天板を出せばいいのでとても使い勝手がいいです。

  • フリップトップ

    フリップトップ
    天板の中央からサイドに向かって天板を観音開きをして天板を大きくするタイプのものです。 伸張式のダイニングテーブルの中で一番シンプルな展開方法と言えます。

お買い物はこちら 「ダイニングテーブル」の商品一覧ページへ

Key points of choosing a Dining Table

ダイニングテーブルの選ぶポイントとは

ダイニングテーブルの選ぶポイントとは?

アンティーク家具には多様なダイニングテーブルがあるため、部屋の雰囲気や用途に合わせて選ぶのがポイントです。
普段は小さくコンパクトに使い、お客さんが来たときには広げて大きく出来るタイプのものや、機械仕掛けの手の込んだ仕掛けのあるテーブルなど様々です。
アンティークならではの1点物の面白いテーブルが揃っているため、お店の人に稼動方法を聞きながら選ぶのも楽しみの一つです。

How to use Dining Table

ダイニングテーブルの活用術

日常使いのダイニングテーブルとしてはもちろんのこと、ちょっとした来客がいらっしゃった際には天板を大きくしてご利用ください。天板を大きくすることでより多くの食事を置くことができるのはもちろんのこと、存在感とおもてなしをさりげなく演出できます。
ダイニングテーブルにはダイニングチェアがセットになったものもあります。デザインが統一されており、一体感があります。チェア選びに迷われている方はダイニングセットでの購入がいいかもしれません。

ダイニングテーブルの活用術例

稼動部分へのこだわり

ダイニングテーブルのほとんどは伸張するためにいろいろと展開する仕掛けが備わっているため、操作がスムーズにできるよう、細心の注意を払って仕上ています。

接触部分への細心の注意

天板と天板の接触部分はズレや隙間が出やすい箇所です。
隙間なく天板がしっかり平らになるようにベテランの職人が微調整します。

本場英国と同じ仕上げ

アンティークの良さを引き立たせるために本場英国とまったく同じマイランズの塗料、ワックスを使用します。パティネ(古い傷)を生かしながら綺麗に仕上るのがケント流。

テーブルの天板が広がるなど稼動するものは、スムーズにその操作が出来るように修理しています。
開閉する天板と天板の接触部分は、ズレや欠けが生じているものがあるため、特にその部分はフラットになるように、細心の注意を払い修理しています。
もともとキャスターが付いているテーブルがありますが、家庭でのフローリングの床には適さないため、基本的には修理の段階で取り外しています。
キャスターを取り外した分、テーブルの高さが低くならないように木材で調整をしています。

お買い物はこちら 「ダイニングテーブル」の商品一覧ページへ

How to do maintenance

ダイニングテーブルのお手入れ方法

日常的なお手入れ

通常のお手入れは柔らかい布でやさしく乾拭きしてください。※水分が付着しそのままにしておくと白いシミの原因になりますので十分注意してください。

月1回のメンテナンス

水拭き後や冷暖房の効いたお部屋では木部が乾燥しがちです。月に一度はワックス掛けをして木に潤いとコーティングをしてあげましょう。

月1回のメンテナンス

ダイニングテーブルの基本的なお手入れはワックスとなります。
特に天板を使用する家具となりますので、こまめなワックスがけは塗装面の耐久性を高める効果があります。日常的には乾拭きをお勧めしますが、食べこぼしなどで水拭きをする際には、固く絞って水分が家具表面に残らないように気をつけてください。水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをすることをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。現代家具のようなウレタン塗装ではありませんので、水や熱いものを直接天板の上に乗せると塗装を痛める原因となり、シミや跡が残る場合がありますので、ランチョンマットなどをご使用することを推奨します。
ただし天板の全面を覆うようなビニールクロスは木の呼吸を止め、湿気が溜まり逆に塗装面を傷める原因となりますのでご使用を控えてください。布製のテーブルクロスかランチョンマットをお勧めします。ケントアンティーク家具では水や熱いものを直接天板の上に乗せた時にできる、コップの輪ジミや白くついたシミを取り除く「ファニチャークリーナー」という商品も取り扱っていります。シミがつくケースには様々な背景がありますので一概に、全てのシミに対応しているわけではありませんが、応急処置としてこちらを使用することもできます。

お買い物はこちら 「ダイニングテーブル」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE
店舗案内
  • メンテナンス商品の種類と使い方

    メンテナンス商品の種類と使い方

  • 家具用ワックスはこちら

    家具用ワックスはこちら

  • 家具用塗料はこちら

    家具用塗料はこちら

  • メンテナンス用品はこちら

    メンテナンス用品はこちら

  • アンティーク用修理金具はこちら

    アンティーク用修理金具はこちら