1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. ダイニングチェア – 同じデザインのセットチェア

アンティークでは揃えるのが難しく 数少ない同仕様のチェア

ダイニングチェアとは?

ダイニングルームで使用され、同じデザインのセットチェアのことをダイニングチェアと呼びます。
アンティークでは同じチェアで揃えるのがとても難しいく、同仕様で合わせられる数少ないチェアとなっています。
ダイニングチェアの大半は座面が簡単に外れ、消耗したときの張替えが容易かつ低コストでできるところが最大の魅力です。
アンティーク本来の特徴である、”修理しながら長く使い続ける”、その為には”修理し易い構造になっている”という、まさにアンティーク家具の典型といえます。

▶ ダイニングチェアを今すぐショッピング

ダイニングチェア

ダイニングチェアの物語

歴史をひもとくと紀元前にまでさかのぼる椅子は、家具のなかでもとりわけ種類が豊富です。
ロココなど様式名で呼ばれたり、トーネットの曲木椅子のように作家名で呼ばれたり、それぞれにアンティークの美しさや歴史が存在します。

ダイニングチェアの種類

ダイニングチェア ダイニングチェア

数多くの違ったデザインがありますが、4脚セットのものが主流で、他にも2脚セット、6脚セット、それ以上のものも存在します。

お買い物はこちら 「ダイニングチェア」の商品一覧ページへ

ダイニングチェアの選ぶポイント

ケントアンティーク家具では、その希少価値がとても高いセットのダイニングチェアを数多く取り揃えております。また、チェア座面も豊富な種類の中からお選びいただけますので、ダイニングルーム、ダイニングテーブルの雰囲気にあったチェアセットをお選びください。張り替え修理もケントアンティーク家具では可能です。

ダイニングチェアの使い方

ダイニングテーブルやドローリーフテーブルに合わせるのが一番のポイントです。木目の色合いやデザインはもとより、テーブルに対する椅子の高さも考慮してお選びいただくと良いでしょう。

ケントの修理ポイント

ケントアンティーク家具では椅子のフレームに対して座面をぴったりと製作しております。また座面の取替えが容易にできるよう、取り外し可能となっております。

お手入れ方法

木部のお手入れ

日常的には乾拭きをお勧めします。水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをするこ とをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための塗装を施しています。

椅子座面のメンテナンス

合皮 : 汚れが目立ってきた際に、きれいな布で水拭きを行ってください。
レザー : 皮専用クリーナーで月1,2回程度みがいてください。
ベルベット : エチケットブラシ等でホコリを取り除いてください。

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「ダイニングチェア」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE