1. TOP>
  2. アンティーク家具>
  3. ビューロー – コンパクトな収納付きデスク

省スペースにデスクを置きたい方に便利なビューロー。アンティーク家具ならではの風合いが書斎を重厚に演出します

ビューローとは?

ビューローとは、机と整理棚部分が合体している書机のこと。
蓋を開くと天板になり、机として利用できます。

▶  ビューローを今すぐショッピング

ビューロー

ビューローの物語

その原形は古くから見られるバイブルボックス(聖書保管用の箱)などとも言われていますが、形状が似通っているだけで使用用途は異なりあまり正しいとは考えられません。
17世紀に入り東インド会社によって中国や日本の櫃(ひつ)が輸入され英国内で作ったスタンドの上に飾られました。櫃とは観音開きの扉を持つ箱型の家具で表面は美しい蒔絵で装飾され、内部は大小多数の小引き出しなどで構成されていました。
これを英国内で模倣して作った家具がキャビネットオンスタンドであり、中でも扉が観音開きではなく、一枚で上部より手前に倒れるように開き、ステイと呼ばれる蝶番や、ルーパーといわれる二対の角材で支えられライティングスペースを提供する物をセクレタリーやエスクリトアーと呼びました。
内部にはやはり小引き出しや書簡(手紙や書状)を入れるピジョンホールがあり、機能的にはほぼビューローと同じとなりました。
ここにバイブルボックスの形状が入り込み、機能、形状とも現在のビューローのライティング部分に近い物が生まれ、スタンドの上に据え付けられビューローオンスタンドと呼ばれる家具が作られ始めたのです。現在のようにチェストオブドロワーズが下部につく形態になるのは18世紀に入ってからの事になります。

お買い物はこちら 「ビューロー」の商品一覧ページへ

ビューローの種類

ビューロー 四角い脚のもの

四角い脚のもの

ビューロー 猫脚のもの

猫脚のもの

ビューロー 脚が短いもの・引き出し多め

脚が短いもの・引き出し多め

ビューロー 奥行が薄いもの スチューデントビューロー

奥行が薄いもの スチューデントビューロー

ビューローを選ぶポイント

ビューローは大きく分けると場所をとらないスチューデントビューローと、奥行き45cmくらいの収納性とデスク機能に優れたビューローとがあります。
限られたスペースでちょっとした書き物などをするときなどにはスチューデントビューローが便利ですし、パソコンデスクとしても利用できる標準サイズのビューローもとても人気があります。
ビューローの下が扉タイプと引き出しタイプがありますので、収納するものに応じてお選びください。

ビューローの使い方

必要なときだけ扉を開きデスクとして使い、必要の無いときには扉を閉じることにより、普段はデスク部分が邪魔になりません。
また、インテリアによっては、パソコンなどを目に見えるところに置いておきたくない場合など、使用するとき以外は蓋を閉じておくことにより、そういったものを隠すことが出来ます。インテリアを損ないません。
扉を開けたデスクのサイズが、大きさ的にモニターとキーボードとマウスがちょうど置けるサイズなので、最近はパソコン台として利用する方も多いです。
また、店舗什器として、扉を開いてディスプレイ台としたり、引き出しを階段状に開き、商品を演出するなど個性的な使い方もできます。

ケントの修理ポイント

ビューローの扉が開くとデスクとなるため、その扉を支えるステイの調整が難しく、修理する上でのポイントとなります。扉に金具が付いているものや、扉を開くと連動して、その扉を支えるレールが下から出てくるものもあり、その扉の支え方により修理方法が異なります。なかには特別な金具を使っているものもあるため、修理が困難な場合もありますが、ケントではデスクの状態にしたときに不安なくご利用いただけるように、どのタイプのステイでもきちんと修理しております。

お手入れ方法

木部のお手入れ

日常的には乾拭きをお勧めします。
水拭きをする頻度が多い場合は、家具表面が乾いた後にこまめにワックスがけをするこ とをお勧めします。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。

木部のお手入れ(ウォールナット・マホガニー)

マホガニーやウォールナットはオーク材のものに比べてもともとつやがあるので乾拭きでつやは保たれます。
ワックス掛けをする際は、少量のワックスを薄く延ばして使用してください。
ワックスがけをすることで家具の艶だし効果があるだけではなく、水拭きに対する塗装の劣化を防止する効果にもつながります。木材に対しても栄養と潤いを与え、塗装部分にも皮膜ができ、傷や水気から家具を守ってくれます。乾いた後に、別の布にて磨きあげください。
アンティーク家具の塗装は、その風合いを活かすための 塗装を施しています。

取っ手の部分のメンテナンス

使用していると色抜けするケースがあるます。その場合はスクラッチカバーやポリッシュを使用して補修してあげれば取っ手全体がきれいになり、目立たなくなります。

金具部分のメンテナンス

乾拭きで十分です。古い金具が使われていることがありますので、取り扱いには注意してください

・メンテナンス商品の種類と使い方
・家具用ワックスはこちら
・家具用塗料はこちら
・メンテナンス用品はこちら
・アンティーク用修理金具はこちら

お買い物はこちら 「ビューロー」の商品一覧ページへ

アンティーク家具にかける、ケントの想い

ケントストーリー 厳選されたアンティーク家具 ケントはなぜ静岡で誕生? MORE MORE MORE